出願資格

薬学部

以下のいずれかに該当する者で、出身学校長が推薦するもの。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を2022年3月に卒業した者、および2023年3月卒業見込みの者。
  2. 学校教育法施行規則第150条第7号により、朝鮮高級学校を2022年3月以降修了した者、および2023年3月修了見込みの者。

文学部・教育学部・人間社会学部

以下のいずれかに該当する者で、出身学校長が推薦するもの。

  1. 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者、および2023年3月卒業見込みの者。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2023年3月修了見込みの者。
  3. 学校教育法施行規則第150条第7号により、朝鮮高級学校を2023年3月修了見込みの者。
  • ※ 調査書における全体の学習成績の状況については基準を設けておりません。
  • ※ 他大学との併願は可能です。

募集人員

学部学科・専攻後期
薬学部薬学科 15名
文学部日本語日本文学科 4名
歴史文化学科 4名
教育学部教育学科幼児教育専攻 16名
学校教育専攻 8名
特別支援教育専攻 2名
人間社会学部人間社会学科 7名
スポーツ健康学科 6名

試験日程・会場

出願期間 2022年11月14日(月)〜11月28日(月)
※出願書類の送付は、締切日消印有効
試験日 2022年12月10日(土)
試験会場 本学・名古屋・京都・和歌山・神戸・岡山・高松
合格発表日 2022年12月19日(月)
入学手続期間 [第1次]
2022年12月19日(月)〜12月26日(月)
[第2次]
2022年12月19日(月)〜2023年1月19日(木)

試験科目

  • 「国語」・「化学」は記述式、「英語」はマークシート式、「体育」は実技試験で行います。
  • 本学が合否判定に使用する試験科目・科目数を受験していない者は、合否判定の対象となりませんので、欠席者として扱います。
学部試験科目
薬学部 英語・化学
文学部 英語・国語
教育学部 英語・国語
人間社会学部 英語・国語・体育
試験科目時間
英語 コミュニケーション英語Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅱ・コミュニケーション英語Ⅲ・英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ 10:00~11:00(60分)
化学 化学基礎・化学 11:30~12:30(60分)
国語 国語総合・現代文B
体育 実技 13:30~15:30(120分)

※ 選択する科目により、試験開始時間が異なります。

注意事項

  1. 「英語」の試験問題は全学部・学科・専攻共通です。
  2. 「国語」の試験問題は文学部・教育学部・人間社会学部の3学部5学科3専攻共通です。
  3. 「国語」(国語総合・現代文B)は「古文・漢文」を除きます。
  4. 「化学」(化学基礎・化学)は「高分子化合物の性質と利用」を除きます。
  5. 「体育」を選択した場合、試験会場は本学のみとなり、学外試験会場では実施しません。
    試験時間は受験者により短縮する場合があります。試験内容については、
    ①ラジオ体操<第一> ②有酸素性能力 ③アジリティ能力 ④静的筋力 ⑤瞬発力 ⑥跳躍力 ⑦柔軟性能力の7種目で構成します。
    詳細は、入試ガイド(P.25)『入試攻略』を参照してください。
    ラジオ体操<第一>については、<動画はコチラ> <動作解説はコチラ>をご確認ください。
    また、試験当日は、運動着(ジャージ類)と室内用運動靴を持参してください。
  6. 合格最低点は、学科・専攻内の第1志望合格と第2志望合格で異なる場合があります。

選考方法

  • 学力試験の成績と調査書の全体の学習成績の状況を点数化した合計点によって合否を判定します。
  • 文学部・教育学部・人間社会学部では、1科目型と2科目型の判定方式を選択できます。

薬学部

文学部・教育学部・人間社会学部

科目の組み合わせ例

学部2科目選択パターン
文学部 英語・国語
教育学部 英語・国語
人間社会学部 英語・国語
英語・体育
国語・体育

公募制推薦入試(後期)の第2志望出願(※薬学部を除く)

  • 第1志望の学科・専攻が不合格となった場合に限り、第2志望制度を利用し改めて合否判定を行います。(出願の際、第2志望を希望した者のみ対象)
  • 人間社会学部で「体育」での1科目判定および「体育」を含む2科目判定の受験生は第2志望として他学部に出願することはできません。

過去問題にチャレンジ!

過去問題集はこちらのページからご確認ください。

  • ※「2022 入学試験問題集」をご利用の場合は、コチラよりご請求ください。
  • ※ 詳細は、「入学試験要項」(9月下旬頃完成予定)でご確認ください。

SNS official account

大阪大谷大学の最新情報を発信中