カリキュラム

1・2年次では広い教養を身につけ、基幹科目群からスポーツ健康学の基礎科目を学び、2年次には、「スポーツ指導コース」か「健康運動指導コース」を選択します。3・4年次には、発展科目群から選択したコースの科目を履修しますが、コースの卒業に必要な単位を取得すれば、残りは他コースから履修することもできます。この柔軟な履修体制により、特定のコースを探究することも、他コース横断的な履修も可能となり、キャリアの選択の幅が広がります。

基幹科目群
科目群科目
学部必修科目 基礎ゼミⅠ(学習技術) 基礎ゼミⅡ(研究入門) ゼミナールⅠ ゼミナールⅡ
人間と社会A 人間と社会B 卒業研究
学科必修科目 スポーツ健康学 スポーツ生理学A 基礎栄養学
スポーツ社会学 健康管理学
コース共通科目 発育・発達と老化 生涯学習概論A 生理解剖学A 基礎食品学
スポーツ心理学 生涯学習概論B スポーツ生理学B 健康と調理
体育原理 スポーツ経営管理学 生理解剖学B スポーツバイオメカニクス
衛生・公衆衛生学 レクリエーション演習 スポーツ運動学
社会学A 社会学B 法と社会A 法と社会B
臨床心理学概論 心理学概論 社会福祉概論
地域社会入門 統計学Ⅰ 統計学Ⅱ
TOEIC入門A TOEIC入門B TOEIC A TOEIC B
ロジカルシンキング キャリアデザイン 企業研究Ⅰ 企業研究Ⅱ
課題発見・解決演習(子どもイベント編) 課題発見・解決演習(地域コミュニティ編)
社会研究実習(事前事後の指導を含む) 健康産業施設等現場実習
社会教養基礎 数学教養基礎 自治体研究 地域社会体験実習
グローバル社会体験学習 ロジカルコミュニケーション キャリア形成Ⅰ キャリア形成Ⅱ 
就活力Ⅰ 就活力Ⅱ 採用研究(民間企業) 採用研究(公務員)
発展科目群
科目群科目
スポーツ指導コース健康運動指導コース
コース必修科目 スポーツ指導方法論 生涯スポーツ論 運動処方 スポーツ栄養学
コース選択必修科目 トレーニング論 生活習慣病(成人病) 栄養と機能食品論
障がい者スポーツ指導論 スポーツアナリティクス演習 運動負荷試験演習 健康栄養調理実習
スポーツコーチング学Ⅰ 生涯学習特講 体力診断演習 生活習慣病と食生活
スポーツコーチング学Ⅱ スポーツ社会学特論 健康運動演習 食品・栄養学実験
スポーツコーチング学Ⅲ スポーツ政策論 健康食育論
スポーツコーチング学Ⅳ スポーツマーケティング論 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト持論 健康経営企業研究
子どものスポーツ エアロビックダンス演習
中高年のスポーツ スポーツトレーニング演習

※ 他コースの科目は取得できますが、卒業単位としては認められません。

科目群科目
コース共通科目 スポーツ障害と予防 スポーツ産業論 救急処置法演習 栄養と機能食品実習
メンタルトレーニング演習 食環境衛生学 医療福祉システム論Ⅰ スポーツ栄養調理実習
保健体育実践演習 学校保健A 医療福祉システム論Ⅱ フードコーディネート論
特別支援体育論 学校保健B 食品の官能評価・鑑別論 食品流通論
体つくり運動演習 スポーツアナリスト論 スポーツプログラミング論 ライフステージ栄養学
STEAMスポーツ入門 スポーツ指導方法演習 スポーツビジョン演習 フードスペシャリスト論
地域福祉論Ⅰ 国際協力論A 環境と社会(総合講座)A 環境と社会(総合講座)B
社会調査法A 国際協力論B ジェンダー論(総合講座)A ジェンダー論(総合講座)B
社会調査法B 社会・集団・家族心理学A 社会・集団・家族心理学B 産業心理学
学習・言語心理学 運動プログラムとリハビリテーション演習 保育の心理学 発達心理学
スポーツデータサイエンス演習 クラブビジネス・マネジメント演習 健康運動指導士・健康運動実践指導者持論
実技科目群 スポーツ方法(ソフトボール) スポーツ方法(テニス) スポーツ方法(水泳)
スポーツ方法(陸上競技) スポーツ方法(器械運動) スポーツ方法(バレーボール) スポーツ方法(バスケットボール)
スポーツ方法(キャンプ) スポーツ方法(スキー) スポーツ方法(柔道) スポーツ方法(剣道)
スポーツ方法(ダンス) スポーツ方法(サッカー) スポーツ方法(マリンスポーツ) スポーツ方法(トレーニング)

カリキュラムツリー

カリキュラムマップ&科目ナンバリング