薬学部

  • 大阪大谷大学 薬学部 Twitter公式アカウント
  • 大阪大谷大学 薬学部 Instagram公式アカウント
  • 大阪大谷大学 薬学部 LINE公式アカウント

6年間通じての少人数教育で幅広い知識と実務実践能力を養成し、国家試験合格を強力にバックアップ

1、2年次は、倫理観・責任感を育む科目、人間を理解する幅広い教養を育む科目を重点的に学び、3年次から専門教育科目が主となります。また1年次から4年次にかけては実習・コミュニケーション演習などにより、薬学で必要とされる基本的な技能や態度を身につけ、その集大成として、5年次に約5ヵ月間におよぶ学内外での実務実習を行います。さらに5、6 年次の卒業研究を通じて問題解決能力を育成します。そして6年次には、各専門分野におけるより高度な内容の講義、さらに国家試験対策の講義を開講します。

このように、まずは薬学の基礎を固め、応用を学んでから実務実習に取り組むという、段階的に知識・技術を身につける学習システムを採用しています。しかも1年次より少人数グループでの指導を実践し、専門知識の確実な修得とともに、一人ひとりのレベルに応じた効率的な学習を可能としました。

また大阪市立大学大学院医学研究科と研究連携協定を結び、2007年12月大阪市立大医学部内にサテライト研究室を設けました。疲労を中心にして各種研究・教育の連携を進めていく計画です。具体的には、1)抗疲労一般用医薬の研究・開発、2)疲労の評価系に関する研究・開発、3)薬の副作用などとしての疲労・倦怠感の研究・教育などです。

学部長メッセージ

心優しい薬のプロフェッショナル

薬学部長 冨田 晃司

薬学部は「薬のプロフェッショナル」を養成する学部です。プロになるためには、薬の効き方・作用部位・副作用に精通することはもちろんのこと、薬の化学、物理、法規など関連する知識が必要となります。薬は人の健康、命に関わることとなります。薬学としての幅広い知識を修得し、その上で他者と関わるためにはコミュニケーション能力を高めていく必要があります。患者・生活者、他の医療職からの情報を収集・分析し、これらの人々に有益な情報を提供しなくてはなりません。そのためには最新の正確な知識を持っておくことが必須となります。薬のプロフェッショナルとしてのコミュニケーション能力には、単なる雑談だけではなく必要な情報を得るための技術も必要です。

薬剤師は目の前の患者さんにとって必要な薬を適切にお渡しする最後の砦となります。共感できる能力を持って接し、信頼関係を構築しなければなりません。

私たちの薬学部では薬のプロフェッショナルとして自分で考えることができ、社会で活躍できる人材育成を目指した高度専門職教育に当たっています。

教育方針

薬学部(薬学科)(2018年度以降入学生対象)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

薬学部(薬学科)(2017年度以前入学生対象)

教育目的
アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)