学生相談室

学生相談室は、学生の皆さんが抱えている悩みや問題について、ともに考え話し合い、学生の皆さんがより豊かな学生生活をおくることができるようお手伝いしています。

学生相談室

たとえばこんなとき...

  • 学生生活に充実感がない
  • 自分の性格について考えてみたい
  • 人間関係で困っている
  • 心身不安定である
  • 将来の進路のことで迷っている
  • ふとだれかとおしゃべりがしたくなった
  • 災害や事故などに遭い、その場面が思い出され、生活に困っている

学生相談室は、20号館1Fにあり、玄関を入って右手にあります。気軽にご利用ください。

【20号館1階】

※秘密は固く守ります。安心してお越しください。

面接室

面接室は、明るい落ち着いた雰囲気の部屋です。カウンセラー(公認心理師・臨床心理士)と教員の学生相談員が相談にあたっています。

ティーアワー

  • 学生相談室ではグループワークを開催しています。名付けて"ティーアワー"
  • 「茶の湯体験」や「リラクゼーション」「アロマを使ったルームフレグランス作り」などテーマはさまざまです。
  • ホッとくつろぐ癒しの時間をどうぞ。お菓子やドリンクもつきます。
  • 誰でも参加できますので、ふるってご参加ください。
  • 参加費は無料です。

第65回『リラクゼーション‐「いま・ここ」の体験に意識を集中させて、五感や心で身体感覚を感じてみよう‐』では、大野雄亮先生(ホリスティック気功瞑想研究会主宰)をお招きし、気功によるリラクゼーションを体験しました。気は目には見えないけれど、「気を遣う」「気が滅入る」「気がつく」など言葉にもたくさん使われており、日常の中でとても大切な役割をしていることを学びました。その後、実際に体を動かして気を感じたり、ペアになって気功を体験し、気功の考え方に基づいた綺麗な立ち方・座り方についても教えていただきました。実施後の皆さんの感想には、「緊張を和らげることに役立ちそうだと思った」「誰かの前に立って話さないといけない時、下半身をしっかりさせて、自信を持ってできそうです」「今後生きていく中で、"気"をうまく使いながら生きていきたいなと思いました」とあり、日常に取り入れて活用したいという思いが伝わってきました。余計な力を抜き、心が休まる時間になったのではないでしょうか。

第66回『茶の湯(茶道)を楽しもう』では、講師に甲南大学で学生相談室のカウンセラーをされ、茶の湯と心理療法について研究されている友久茂子先生をお招きし、日本の伝統文化である茶の湯を体験しました。おもてなしの心得や、作法のひとつひとつに意味があることについて丁寧に教えていただき、文化の中には対立する概念が多くあることやその全体性についても学び、茶道の奥深さを感じました。まずは、皆さんにお菓子とお茶を楽しんでお客の体験をしていただき、その後は、お茶を点てて飲んでもらうもてなす側の体験もしていただきました。美味しいお茶とお菓子をいただき、自分の心と向き合う有意義な時間を過ごせたのではないでしょうか。

学生相談室の利用について

  • 直接来室してください。1回の面接時間は原則として50分ですが、何回でも継続できます。
  • 電話で相談や予約もできます。保護者の方もご利用いただくことができます。
  • 担当者が不在の時は、「申し込みカード」に記入して相談室前のメッセージボックスに入れてください。
  • 試験期間中・長期休業中も開室します。日程は別途掲示します。
  • 個人相談の他に、グループでの催し(ティーアワー・ランチアワー)も行っています。詳細についてはポスターの掲示やホームページでお知らせしますので気軽にご参加ください。

また学生相談室では、図書の貸出もしています。ご活用ください。

スタッフおよび開室時間

2019年度 スタッフ
室長 田沢 晶子
カウンセラー 主任 森 布季
(公認心理師・臨床心理士)

西河 友則子
(公認心理師・臨床心理士)

永濵 歩
(公認心理師・臨床心理士)
相談員 小田 浩伸
(教育学部教授・学校心理士スーパーヴァイザー)

田沢 晶子
(人間社会学部教授・公認心理師・臨床心理士)

五位塚 和也
(教育学部講師・臨床心理士)
特別相談員 山下 仰(精神科医)

開室時間は次のとおりです。

曜日 時間 相談員
月曜日 10:00~17:00
10:30~17:30 西河
5限 五位塚
火曜日 10:00~17:00
水曜日 10:00~17:00
10:30~17:30 西河
1限 小田
木曜日 10:00~17:00 永濵
前期 3限
後期 4限
田沢
金曜日 10:00~17:00

※相談員の先生は授業期間中のみになります。