アドバイザー制度について

Ⅰ.アドバイザー制度

アドバイザー制度とは、充実した大学生活を過ごし卒業できるよう、また、親身になって効果的な学習支援が行えるよう、学生一人ひとりを対象に、専任教員1名が担当アドバイザーとなり、きめ細かく個人指導に当たる制度です。 アドバイザーはGPAや既に取得した科目単位数などの成績の状況に基づいて、履修登録や各種資格の取得など、学習を進めるにあたっての指導や相談を行います。

Ⅱ.アドバイザーの主な役割

  • 履修登録に関わる相談
  • 免許・資格取得に関わる相談
  • 履修コースに関わる相談
  • 学習の進め方等に関する相談
  • 進路・就職等に関する相談
  • 学籍異動(休学、退学等)に関する相談
  • 成績不振学生への助言や指導
  • 大学生活についての相談 ほか

前述以外のことでもいろいろな状況に応じて相談が受けられます。ぜひアドバイザー制度を利用し、有意義な学生生活を送ってください。

アドバイザーは研究室で「オフィスアワー(※)」を設けているので、気軽に訪れてください。

※学生が質問・相談などを行うために教員の研究室を自由に訪れてよい時間のことです。
 各教員のオフィスアワーは大学のホームページで確認してください。

Ⅲ.担当アドバイザーについて

各学生の担当アドバイザーは、別途お知らせいたします。

Ⅳ.アドバイザーとの面談

1.履修登録時

学生は責任を持って履修科目の登録を行い、授業の事前・事後の学習を含め履修登録単位に見合った学習を行うことが求められています。皆さんの取得したい免許・資格、選択コースなどを考慮しながら、一人ひとりの力にあった学習の進め方等について、前年度・前学期の成績を参考にアドバイザーが助言を行います。

2.履修登録時以外

アドバイザーは週1コマ以上のオフィスアワーを設けて、皆さんの相談を受けるために研究室に在室しています。日常的な相談が必要な場合には、オフィスアワーに相談することができます。 オフィスアワーは、毎年度始のオリエンテーションで周知されるほか、本学ホームページにも掲載されます。固定されたオフィスアワー以外は、学内メール等で連絡をとってアドバイザーと面談することも可能です。
なお、オフィスアワーであっても、緊急の用事で席を外すこともあり得ますので了解しておいてください。

3.成績不振、長期欠席時

前年度・前学期の学習結果に基づき、修得単位数が一定の水準に達していない場合(薬学部は進級不可の場合)や、GPAを目安に成績が振るわないと判断された場合は、アドバイザーが継続的に呼び出して、助言や指導を行います。アドバイザーの支援を真摯に受け止め、学業の充実がはかれるよう努めてください。成績不振の連続や単位僅少の場合は、保護者にも連絡を取ります。

V.プライバシーについて

相談や指導に際して、アドバイザーは必要に応じて、学生の家庭や個人的な事情をたずねる場合があります。ただし、そうしたプライバシーに関わる事項について回答するかどうかは、学生の自由な判断に任されます。答えたくない場合には、遠慮せずに断ってください。 また相談内容やプライバシーに関する個人情報などの皆さんの情報は、アドバイザーの守秘義務により守られますので、安心してください。

以上