NEWS & TOPICS

人間社会学科「自治体行政論」、吉村富田林市長が講義

お知らせ

 7月10日(月)、富田林市 吉村善美市長が「自治体行政論」にてご講義をされました。授業科目担当の長橋淳美先生に、お話を伺いました。

「自治体行政論A・Bは、自治体行政と市民生活とのかかわり、自治体行政の今日的課題について理解を深めることを目的としています。特に力を入れているのが、地方自治体の活き活きとした姿を知ってもらうことです。
 その一環として、毎年地方自治体の首長、議員、職員の生の声を聴き、学生と対話ができるような授業を実施しています。
 7月10日は、大阪大谷大学の地元である吉村富田林市長をお招きし、市長の仕事についてお話をいただき、学生の質問に答えて意見交換を行いました。めったにない機会なので学生から多くの質問が出され、市長も率直に答えていただきました。そして、富田林市の大学に入学したのも何かの縁なので、学生としてぜひ積極的に富田林市に関わってほしい、社会人になっても大学での学びを活かして頑張ってほしいとのエールをいただきました。」

富田林市公式Webサイトはこちら>>>
  
授業担当: 長橋 淳美 氏  本学非常勤講師、一般社団法人 富田林市人権協議会事務局長
  


記事掲載:大阪大谷大学 地域連携センター   chiiki@osaka-ohtani.ac.jp