試験について

履修登録した授業科目の単位を認定するため、試験が実施されます。
試験の種類には、筆記、口述、実技、レポート、論文などがあります。
試験の実施時期・内容は、以下の各記載事項をご覧ください。

不定期試験

授業中に実施される試験を、大学では「不定期試験」と呼んでいます。
試験時間等については、担当教員の指示に従ってください。

定期試験

前期、後期 各学期末の定期試験期間(16週目)に実施される試験です。
原則、通常授業時間と同一曜日時限に実施されます。

定期試験の時間帯
1時限 9:30~11:00
2時限 11:15~12:45
3時限 13:25~14:55
4時限 15:10~16:40
5時限 16:55~18:25

定期試験の実施等については、担当教員の指示に従ってください。
対面試験の際は、必ず学生証を提示してください。

追・再試験

追試験

試験をやむを得ない理由で欠席した学生対象の試験です。採点は100点満点、または欠席理由により1割の減点となります。
追試験を受けるためには必ず所定の期日までに手続が必要です。試験当日欠席したことを証明する書類を提示の上、授業担当教員へ申し出て、受験許可を受けてください。(詳細はWebポータルサイト上のWebフォルダ内「授業科目履修規程」を参照してください)。

再試験

50~59点の得点で不合格となった科目について、最終学年の学生のみに対して行う試験です。
再試験を合格した場合、成績は60点(「可」)となります。
ただし、薬学部専門教育科目(卒業研究および実習、演習を除く)に限っては、40点以上の得点で不合格となった薬学部全学年の学生に対して、再試験を行います。

  • 追試験・再試験の詳細については、授業担当教員から連絡がありますので、その指示に従ってください。
  • 対面試験の際は、必ず学生証を提示してください。