文学部 公開講座

2021年度 公開講座

歴史文化学科
申込No.【5-①】 【5-②】
中国の浄土教 ― 阿弥陀仏信仰の流伝から浄土教教理の確立まで ―

ハルカスキャンパス

中国における浄土教の展開について考える講座です。阿弥陀仏信仰の流伝から浄土教教理の確立までを解説します。
インドに発生した阿弥陀仏信仰は大乗仏教とともに中国に伝わり、教理の体系を整えてゆきます。万人平等の精神を基本とする大乗仏教の理念が、阿弥陀仏信仰の中でどのように発揮されたのか、救済の普遍性を主張するためにどのような教理が確立されたのかを考えます。

【5-①】9/16(木) 10:00~11:30 ①中国の浄土教 ― 阿弥陀仏信仰の流伝 ― ハルカスキャンパス
(あべのハルカス23F)
アクセスはこちら
【5-②】9/30(木) ②中国の浄土教 ― 浄土教教理の確立 ―
講師 梯 信暁(文学部 教授)
貫名 譲(文学部 教授)
受講の要件 連続講座(単独受講可)
定員 各50名
申込方法 インターネット申込郵送申込(往復はがき)
申込期間 7/1(木)~8/23(月)
問合わせ先 大阪大谷大学ハルカスキャンパス
TEL)06-6615-8460
(火~土)10:00~19:00 祝日除く

日本語日本文学科
申込No.【6-①】 【6-②】 【6-③】
中国詩外別伝(続) ― 五山の詩僧と邵雍(しょうよう) ―

ハルカスキャンパス

邵雍は、11世紀中国の哲学者、易(えき)の学者で、隠者です。彼の易は、伝統的な『周易』の系統と違うので、「易外別伝」と呼ばれることがあります。中国では哲学者も、詩を作ります。しかし、彼の詩は、叙景や抒情の伝統的な作品と違った一面をもっています。そこでタイトルを「中国詩外別伝」と付けました。詩外は易外、別伝は本伝に対する言葉です。本年度は、邵雍の五山文学に与えた影響についてお話します。

【6-①】9/25(土) 13:30~15:00 ①懶雲窩(らんうんか)と安楽窩(あんらくか)
― 以亨得謙(いこうとくけん)と邵雍 ―
ハルカスキャンパス
(あべのハルカス23F)
アクセスはこちら
【6-②】10/23(土) ②一樹の梅花 天地の心
― 仲芳円伊(ちゅうほうえんい)と邵雍 ―
【6-③】11/13(土) ③五山の王安石
― 謙岩原冲(けんがんげんちゅう)・月舟寿桂(げっしゅうじゅけい)らと邵雍 ―
講師 森 博行(名誉教授)
受講の要件 連続講座(単独受講可)
内容は、前後の講座に関連しながら、講座ごとに完結します。
定員 各40名
申込方法 インターネット申込郵送申込(往復はがき)
申込期間 7/1(木)~9/6(月)
問合わせ先 大阪大谷大学ハルカスキャンパス
TEL)06-6615-8460
(火~土)10:00~19:00 祝日除く

日本語日本文学科
申込No.【11-①】 【11-②】 【11-③】
古典の中の「親と子」 ― 『萬葉集』・『源氏物語』と中世軍記 ―

志学台キャンパス

時代を超えて読み継がれる代表的古典作品の中でも、古今東西を問わず描き続けられるテーマの一つが「親子の情」です。『萬葉集』・『源氏物語』から中世軍記や武士の手紙まで。こらえようのない情愛の吐露、愛別離苦の極まる姿、やりきれぬ喪失感、そして、親子だからこその相剋、もっとも近いはずの人間関係が織りなす様々なドラマを、古代から中世にわたる歌と物語の中から、取り上げて読み進めます。

【11-①】9/11(土) 14:00~15:30 ①『萬葉集』の「親と子」 本館1F
1-101(A教室)
アクセスはこちら
【11-②】10/9(土) ②『源氏物語』の明石一族
【11-③】11/20(土) ③戦乱の中の親子
講師 鈴木 利一(文学部 教授)
浅尾 広良(学長)
大坪 亮介(文学部 講師)
受講の要件 連続講座(単独受講可)
定員 各50名
申込方法 インターネット申込郵送申込(往復はがき)
申込期間 7/1(木)~8/30(月)
問合わせ先 大阪大谷大学ハルカスキャンパス
TEL)06-6615-8460
(火~土)10:00~19:00 祝日除く

歴史文化学科
申込No.【12】
日本の世界遺産を旅する ― 研究者と観光客の視点 ―

志学台キャンパス

日本の世界遺産は、ここ数年、毎年のように登録され、一般社会でも身近な存在となってきました。ところが、あらためて世界遺産とは何かと問われると、なかなか答えられないのが現状です。世界遺産の価値観と我々が知る文化財・史跡とは、思ったより隔たりがあります。本講座では、これらの違いに着目し、歴史や文化財の研究者が、世界遺産をどのように捉えているか、また観光客の立場でみた時にどのような問題があるのかを考えます。

10/30(土) 13:00~17:00 1.「古墳時代観」の変容とその背景 博物館2F
11-201教室
アクセスはこちら
2.高野山の考古学
3.世界遺産の何を教えるのか
講師 1.犬木 努(文学部 教授)
2.狭川 真一(文学部 教授)
3.竹本 晃(文学部 准教授)
受講の要件 視聴覚教材(パワーポイント)を使用します。
16:00~16:20休憩・アンケート回収有り。
定員 75名
申込方法 インターネット申込郵送申込(往復はがき)
申込期間 7/1(木)~10/8(金)
問合わせ先 大阪大谷大学ハルカスキャンパス
TEL)06-6615-8460
(火~土)10:00~19:00 祝日除く