外国人留学生の受入

大阪大谷大学では毎年十分な日本語能力を持つ外国人留学生を受け入れています。新しく入学した外国人留学生にはスムーズに大学生活を始められるよう国際交流室はじめ、各学科の先生方や在学している留学生、国際交流室サポート学生(SVIEO)がお手伝いします。また季節の行事や交流会、毎月のランチミーティングなど一般学生との交流イベントも積極的に行っています。

留学生活を支援する制度

納付金減免制度について

この制度は、本学が私費外国人留学生の経済的負担を軽減し、勉学・研究に支障がないよう納付金を減免するものです。
授業料及び施設費の減免には納付金減免申請書の提出が必要です。新入生は入学前に、在学生は毎年12月~1月に手続を行います。

奨学金について

本学では、留学生のための各種奨学金制度を紹介しています。

外国人留学生が対象となる奨学金
奨学金名 月額給付額 給付期間
一般財団法人
安原記念福祉財団
外国人留学生奨学金
学部生 50,000円 1年
公益財団法人
ロータリー米山記念奨学会
外国人留学生奨学金
学部生 100,000円
大学院生 140,000円
1〜2年
公益財団法人
平和中島財団
外国人留学生奨学金
学部生 100,000円
大学院生 100,000円
1年

国民健康保険について

3ヶ月以上日本に滞在する留学生は加入が義務づけられています。
国民健康保険に加入したら、病院へ行った時、基本的に医療費は30%の負担で済むことになります。
国民健康保険への加入手続は、市役所(または区役所)の国民健康保険の担当窓口で行います。
医療費が高額になった場合は、高額療養費制度を利用することができます。この制度を利用すると、一定の金額を超えた医療費が返金されることがあります。 手続については、居住する市役所(または区役所)に問い合わせてください。

留学生住宅総合補償制度について

下宿やアパートを希望する場合、保証人が必要になることが多いです。 そのため、本学では日本国際教育支援協会が行う留学生住宅総合補償制度に協力校として登録しています。この制度に加入すれば本学が保証人になります。加入するには、保険料等負担金(1年間4,000円・2年間8,000円)を支払う必要があります。なお、補償期間は1年または2年です。この制度に加入することで借用戸室の失火、階下への水漏れなどの場合、補償されることがあります。