科学教育領域の主な活動

科学教育領域の主な活動

教育学部 教育学科 教授 小谷 卓也

「STEAM Lab」の科学教育領域の主な活動としては、以下のようなプロジェクトを在学生、卒業生、保育者・教師の方々とともに研究・実践していきたいと思っております。

1.数理・自然遊びの保育(授業)のための基礎講座プロジェクト

かがく遊び・生活科・理科・算数を中心に「理論がわかる」講座、「体験から学ぶ」講座を実施し、暗記による理解ではなく、論理的に理解できる教師の養成を目指します。

2.研究協力校園における「かがく遊び」実践プロジェクト

2・3回生の教育実習の後に、研究協力校園において「かがく遊び」の保育・授業実践を行い、保育者・教師としての知識やスキルをさらに向上させ、現場で活躍できる教師の養成を目指します。

3.「かがく遊び」実践報告プロジェクト

研究協力校園における「かがく遊び」実践プロジェクトの過程で新たに発見したこと、開発したことなどを関連の学会、シンポジウム等において発表し、学術の視点を持った教師の養成を目指します。

4.国公私立附属校園公開保育・授業参与観察研究プロジェクト

国公私立附属校園において実施される自然領域の遊びに関する公開保育及び生活科・算数科・理科の公開授業に参加し、最先端の保育・授業を観察し、さらにその後の研究協議会において学外の学生、教員と議論を重ねることで幅広し視点を持った教師の養成を目指します。

5.教科書の方法を用いた小学校理科実験と最先端のICT機器及び測定器を用いたそれとの比較研究プロジェクト

教科書の実験(観察)方法を用いた小学校理科実験と、最先端のICT機器及び測定器を用いたそれの両方を行う体験を通して、両者の長所短所を理解した上で、適切にICT機器を活用した生活科・理科・算数科の授業を行える教師の養成を目指します。