特別展のご案内

2019年度秋季特別展 教育におけるユニバーサルデザイン(UD)-使える!わかる!つながる!-

展示趣旨

2018年度秋季特別展 教育におけるユニバーサルデザイン(UD) チラシ画像

2019年度秋季特別展として、本学教育学部企画の「教育におけるユニバーサルデザイン(UD)」を開催いたします。

世界はますます小さくなっています。海外から日本を訪れる旅行者や定住者は年々増えていますし、その逆もまた然りです。まずはバリア(障壁)に気づき、あらかじめ、誰にとっても利用しやすい製品や環境づくりをめざすこと(ユニバーサルデザイン)が、求められています。

教育現場においても、インクルーシブ教育の理念のもと、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れ、すべての児童生徒に対して「よりよい学びの環境」を提供することをめざす、授業づくりや学校づくりが注目されています。

今回の展示では、このうち、使いやすい文具、読みやすい文字(書体)、触ってわかる絵本、コミュニケーションアプリなどをご紹介します。そのなかには、児童生徒のさまざまな困難に配慮してもともと作られたものもありますが、同時により多くの人たちにとってもまた使いやすく、わかりやすいものとなっています。

ぜひ、使い良さ、わかる楽しさ、つながる喜びを体験していただけたらと思います。

展示期間

9月30日(月)~11月19日(火) ※期間中の土曜日は午後も開館します。

休館日

日曜日および10月12日(土)、10月22日(火)、11月2日(土)、11月8日(金)、11月11日(月)
※10月14日(月・祝)、11月4日(月・祝)、11月10日(日)は開館

開館時間

午前10時~午後4時

入館料

無料

主な展示品

・UD絵本『りんご』(ユニバーサルデザイン絵本センター)
・『てんじつき さわるえほん ぐりとぐら』(福音館書店)
・UDフォント、UDデジタル教科書体
・UD文具
・コミュニケーションアプリ「Voice4u」(Spectrum Visions Global,Inc.)
・学びのユニバーサルデザイン(UDL):ガイドライン

博物館講座

「教育現場のユニバーサルデザインとUDフォント(書体)」
日時:10月26日(土)14:00~
講師:高田裕美氏(株式会社モリサワ 営業企画部公共ビジネス課)
司会:岡崎裕子氏(本学教育学部教授)

会場

大阪大谷大学博物館
〒584-8540 大阪府富田林市錦織北3丁目11-1
TEL 0721-24-1039