内定者の声

大阪市(保育士)
教育学部 教育学科

前田 知美さん

(大阪府立阿倍野高等学校 出身)

進路決定までの道のり

保育士になりたいと思い大学に入学しましたが、子どもと関わりたいと漠然と思っていただけで、実習を終えた3回生後半になっても、本当に何がしたいのか分かりませんでした。そんな時、公立保育園で子どもたちと触れ合う機会をいただきました。日々子どもたちと関わる中で、こんなのびのびした保育がしたいと夢を持つようになりました。また、周囲の先生方からも背中を押していただいたことで、公立保育園を受けようと決めました。

就活で苦労して乗り越えたエピソード

受験を決心したのが4回生の4月だったので、周囲からだいぶ遅れを取っていました。その時に相談したのがキャリア支援課です。今からの勉強法や対策などをとても優しく丁寧に教えて頂きました。スタートが遅かった分、劣等感や焦りをとても感じ、終わりの見えない不安もありました。それでもやり抜けたのは一緒に頑張った友人がいたからです。周囲の頑張りに刺激を受け、分からないことは教えあったり、相談をしたりと友人たちの存在はとても大きかったです。

後輩へのメッセージ

ボランティアや部活動、アルバイトなど何か1つでいいので、胸を張って頑張ったと言えることや、自分が好きでやってきたことを思い出してみましょう。それが直接的に就職に繋がる場合もあれば、その経験が進路を決めるきっかけになるかもしれません。自分が経験してきたことだからこそ人に伝えられることがあると思います。大学生活を振り返った時に有意義な時間だったと思えるように、やりたいことには自ら積極的に挑戦し、友達とたくさん笑って楽しく過ごしてください!