内定者の声

大阪市役所(学校事務)
文学部4回生

奥田 明香里さん

(大阪府立大手前高等学校 出身)

進路決定までの道のり

子どもの頃から、漠然と公務員を志望していました。就職活動を具体的に意識するようになったのは2回生の終わり、就職課のガイダンスを聞いてからです。大学においての生涯学習や福祉に関する講義を聞き、公務員を明確に志すようになりました。

就活で苦労して乗り越えたエピソード

面接での受け答えに苦労しました。就職課での面接練習を繰り返し、作法だけでなく、話の内容のブラッシュアップもできたからこその合格だと思っています。学校事務という職種の選択は、就職課の方々の心強い協力に感化された部分が大きかったりします。

後輩へのメッセージ

どんなことでも良い、一つでも良いので、「こんなに頑張った!」と自慢できるくらいに全力投球して欲しいです。そして受けられる支援は最大限利用を。悔いのない就活のためには"自信"と"味方"が最強の武器だと思います。