文学部日本語日本文学科

准教授

井上 新子

イノウエ シンコ

私は、異色の短編物語集『堤中納言物語』をはじめとする平安時代の物語を研究しています。さまざまな縁に導かれ、今あることを実感しています。大学生活は、自由な時間と出会いの機会の用意された場でもあります。貪欲にたくさんのものに触れ、人生の糧となるものを見つけていってください。

学歴・経歴

専攻分野 日本文学(中古)
研究課題 中古文学
研究キーワード 堤中納言物語、狭衣物語、平安後期物語
一般・企業・高校生等
講義可能な分野・テーマ
(検索キーワード)
堤中納言物語、虫めづる姫君、源氏物語、平安文学
最終学歴 広島大学大学院文学研究科博士課程後期国語学国文学専攻
学位 博士(文学)
経歴 熊本大学教育学部卒業、広島大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学、日本学術振興会特別研究員(PD)、梅花女子大学非常勤講師、大谷女子大学(現・大阪大谷大学)非常勤講師、大阪教育大学教育学部附属高等学校平野校舎講師、大阪歯科大学非常勤講師、甲南大学非常勤講師、南大阪看護専門学校非常勤講師、畿央大学非常勤講師
所属学会 中古文学会、中世文学会

2022年度授業担当科目

学部:日本文学、文章表現A、日本文学講読Ⅱ、図像学、日本文学史Ⅱ、日本語日本文学特殊講義ⅡA、日本語日本文学特殊講義ⅡB、ゼミナールⅠ、基礎ゼミナールⅠ、基礎ゼミナールⅡ

2022年度オフィスアワー

木(15:10~16:40)

研究活動(2018年度~現在)

  • 著書
    • 『堤中納言物語の言語空間―織りなされる言葉と時代―』 翰林書房 2016年5月 単著
  • 論文
    • 「六条御息所から狭衣へ―〈離魂表現〉に着目して」 乾澄子・萩野敦子編『狭衣物語〈変容メタモルフォーゼ 〉』(翰林書房) pp.11~37 2021年4月
    • 「『狭衣物語』と六条斎院物語歌合」 後藤康文・倉田実・久下裕利編 知の遺産シリーズ6『狭衣物語の新世界』(武蔵野書院) pp.73~91 2019年2月
  • 主な学会発表
    • 「『堤中納言物語』「ほどほどの懸想」の企て」 中古文学会2021年度秋季大会シンポジウム「堤中納言物語研究の現在」基調報告2 2021年10月

学内活動(2018年度~現在)

   ―――――

社会貢献活動(2018年度~現在)

   ―――――