人間社会学部人間社会学科

准教授

植木 是

ウエキ ナオ /男

福祉に関する現場では、施設(障害、高齢)や支援センター(地域包括、障害総合相談)等で、相談援助・生活支援の臨床実務(ソーシャルワーカー)として、利用者さんとそのご家族・地域の方々とともに、様々な生活問題や生きづらさに向き合ってきました。社会福祉は、私たちの生活に密接に関係しています。身近なところから一緒に考えてみませんか。大学では、ともに学びあい成長しあう関係づくりを大切にしていきたいと思っています。

学歴・経歴

専攻分野 社会福祉学
研究課題 社会福祉、福祉実践活動、社会福祉援助、福祉臨床、ソーシャルワーク(福祉専門職)実践
研究キーワード 相談援助、相談支援、生活支援、自立、支援、介護、療育、障害・疾病、高齢、知的障害、発達障害、認知症、地域生活、施設生活、権利擁護、ソーシャルワーク、ケア、精神保健、福祉専門職
一般・企業・高校生等
講義可能な分野・テーマ
(検索キーワード)
社会福祉、支援、介護、施設、在宅、相談援助、生活支援、地域支援、ソーシャルワーク、ケア、障害・疾病、高齢、知的障害、発達障害、認知症、権利擁護、精神保健
企業等の共同研究開発、
社員教育等が可能な分野
(検索キーワード)
研修、人材育成、地域生活、自立、介護、ケア、生活支援、福祉活動、障害、高齢、療育等相談支援/障害児者相談支援、地域生活支援/地域包括支援、精神保健
最終学歴 立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻人間福祉領域(発達・福祉)博士前期課程修了
学位 修士(社会学)
経歴 立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻人間福祉領域(発達・福祉)博士前期課程修了 修士(社会学)、臨床実務歴:[ソーシャルワーカー(生活支援員、相談員/施設ケアマネジャー/地域包括支援SW、相談支援専門員/地域定着支援SW)]自閉症施設れんげの里、亀岡福祉会、ヤナセメディケアグループ、名張育成会
所属学会 日本社会福祉学会、日本社会福祉士学会(日本社会福祉士会)、日本精神保健福祉士学会(日本精神保健福祉士協会)、日本介護学会(日本介護福祉士会)

2019年度授業担当科目

学部:ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ、社会福祉援助技術演習ⅡA、介護概論、社会福祉演習Ⅰ、社会福祉実習指導Ⅰ、社会福祉実習指導Ⅱ、社会福祉実習、医療福祉論、基礎ゼミⅠ(学習技術)、基礎ゼミⅡ(研究入門)、社会福祉論、パワーアッププラクティス講座Ⅰ(地域コミュニティ編)、課題発見・解決演習(地域コミュニティ編)、社会研究実習Ⅰ(事前事後の指導を含む)、社会研究実習Ⅱ(事前事後の指導を含む)、卒業研究

2019年度オフィスアワー

火~水(14:50~16:20) ※ご質問については授業終了後にも対応します。
(※メール等で事前にご予約いただいた方が確実です。(他の時間帯についても対応できます))

研究活動(2015年度~現在)

  • 著書
    • (共著)一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟編『社会福祉士国家試験模擬問題集 2020』中央法規、平成31年6月(予定)【分担執筆】
    • (共著)砂子田篤・高橋学編『医療福祉入門――患者とよい関係を築くために』みらい、平成31年2月【分担執筆】
    • (共著)木村志保・津田尚子編『学び,考え,実践力をつける家庭支援論(第三版)』教育情報出版社、平成30年9月【分担執筆】
    • (共著)一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟編『社会福祉士国家試験模擬問題集 2019』中央法規、平成30年6月【分担執筆】
    • (共著)開仁志編『マンガとアクティブ・ラーニングで学ぶ保育内容総論(第二版)』教育情報出版社、平成30年3月【分担執筆】
    • (共著)木村志保・津田尚子編『学び,考え,実践力をつける家庭支援論(第二版)』保育出版社、平成28年7月【分担執筆】
    • (共著)開仁志編『マンガとアクティブ・ラーニングで学ぶ保育内容総論』保育出版社、平成28年3月【分担執筆】
    • (共著)木村志保・津田尚子編『学び,考え,実践力をつける家庭支援論』保育出版社、平成26年3月【分担執筆】
    • (共編)保育福祉小六法編集委員会編『保育福祉小六法(2014)』みらい、2014年3月 ~ 『保育福祉小六法(2019)』みらい、2019年3月
    • (共編)福祉小六法編集委員会編『福祉小六法(2014)』2014年3月 ~ 『福祉小六法(2019)』2019年3月みらい
  • 論文
    • 論文「日本の児童精神医学の黎明期におけるいわゆる自閉症処遇前史――1945年終戦前まで」Core Ethics vol.15、平成31年3月、単著
    • 研究論文「自閉症スペクトラムに関する教育権保障とソーシャルワークの今後の実践的課題:学校教育と社会福祉の実践と運動から」介護・福祉研究第3号、平成29年3月、単著
    • 論文「自閉症スペクトラム支援に関する『教育権保障』の取り組みとソーシャルワークの課題-『権利保障』運動としての特別支援教育とスクールソーシャルワークから-」東海学院大学研究年報第2号、平成29年3月、単著
    • 研究論文「軽度知的発達障害者の地域生活支援に必要とされるものとは何か~非行問題および累犯行動者支援との関わりの過程から考える~」高田短期大学紀要第35号、平成29年3月、単著
    • 論文「自閉症スペクトラム障害(児)者への地域生活支援へ向けた課題と実際-三重県・自閉症施設の取り組みからの一考察-」東海学院大学紀要第9号、平成28年3月、単著
    • 論文「自閉症に関する『社会福祉の対象理解と当事者中心主義の福祉的支援』に向けての一考察 -自閉症の社会的認識と理解の歴史から-」東海学院大学紀要第9号、平成28年3月、単著
    • 研究論文「自閉症スペクトラム(発達障害)支援の領域におけるソーシャルワークに関する今後の実践的課題に向けた一考察:いわゆる『動く重症児』問題までを手がかりに」『介護・福祉研究 第2号』介護福祉研究センター、平成28年3月、単著
    • 研究論文「高齢化した知的障害者の地域移行/地域生活定着支援のあり方についての一考察~刑余者支援として関わる実践事例から『支援を展開する活動』とは何かについて考える」高田短期大学紀要第34号、平成28年3月、単著
    • 研究ノート「ソーシャルワーク専門職の立場から若者の貧困問題に向き合うことの必要性についての一考察:『現場』と『活動』(運動)の関わりからみる若干の課題検討-」東海学院大学研究年報創刊号、平成28年3月
    • 研究論文「高齢知的障害者の支援現場からの一考察~刑余者支援との関わりから~」介護福祉士 第20号、平成27年3月、単著
    • 研究論文「軽度の知的発達障害がある職業訓練生への支援のあり方についての一考察-介護の現場を目指す当事者支援の現場から-」『介護・福祉研究 創刊号』介護福祉研究センター、平成27年3月、単著
    • 論文「自閉症施設の果たしてきた役割と今後の実践的課題に向けた一考察―三重県における先駆的実践の歴史から~『年長児問題から成人施設設立まで』を手がかりに~―」東海学院大学紀要第8号、平成27年3月、単著
    • 論文「相談支援(障害者ケアマネジメント)にかかわる現場における問題と今後の実践的課題に向けた一考察~障害者ケアマネジメント構築に向けての取り組みから~」東海学院大学紀要第8号、平成27年3月、単著
  • その他の刊行物
    • 『富田林市空家等対策計画(書)』富田林市、2018年3月 (委員として参画)
  • 主な学会発表
    • ポスター発表「行動障害を伴う認知症高齢者への支援」第19回日本認知症ケア学会、新潟県・新潟市、2018年6月、共同: 鈴木千鶴、坂本美穂、植村民樹、植木是、飯岡由美子
    • 口演発表・話題提供者「自閉症支援の法的規定――いわゆる自閉症施設から自閉症支援へ」介護福祉研究センター第17回定例研究会(高田短期大学)、 2017年9月、単
    • 口演発表「知的障害者が社会的入院を解消して地域移行を実現した過程 ~成年後見制度の支援事例から~」第53回日本精神保健福祉士協会全国大会・第16回日本精神保健福祉士学会学術集会(大阪大会)、大阪府大阪市、2017年9月 、単
    • 口演発表(シンポジウム)「認知症高齢障害者の生活の場―地域生活支援と成年後見制度支援―」第15回日本臨床医療福祉学会、岡山県倉敷市、2017年9月、単
    • 口演発表(セミナー)「高齢者の「おもい」を大切にした寄り添いケアの一考察―介護老人保健施設おける認知症ケアの実践から― 」第15回日本臨床医療福祉学会、岡山県倉敷市、2017年9月、共同:鈴木千鶴、坂本美穂、植木是、植村民樹
    • ポスター発表「園芸療法における癒しの効果~知的障害者の一例~」第15回 癒しの環境研究会 愛知全国大会、愛知県・豊明市(藤田保健衛生大学)、2017年8月 、共同:植村民樹、鈴木千鶴、坂本美穂、植木是
    • 口演発表「自閉症スペクトラム障害児者の支援の担い手づくり/人材育成の取り組みについての一考察――三重県・自閉症施設における地域支援ー「自閉症ヘルパー講習会/自閉症講習会」ーの実践から――」第24回日本介護福祉士会・第15回日本介護学会、富山県富山市、 2017年7月、単
    • 口演発表「身体拘束解除を実現した介護施設における支援事例からの一考察――利用者に寄り添うことから大切にしたい認知症ケアの実践から――」第24回日本介護福祉士会・第15回日本介護学会、富山県富山市、2017年7月、共同:鈴木千鶴、坂本美穂、植木是、植村民樹
    • 口演発表「自閉症スペクトラム障害児者の当事者会活動の現場に関する一考察――発達障害者支援センターにおける「スペシャリストの会」の支援活動の実践から――」第25回日本社会福祉士会全国大会・日本社会福祉士学会(福島大会)、福島県郡山市、 2017年6月、単
    • 口演発表「福祉職をめざす障害学生のまなざし――当事者としての障害体験から――」第23回日本介護福祉教育学会、石川県白山市(金城大学)、2017年2月、単
    • 講演講師「いま、考えること」成年後見サポート・2016、三重県四日市市、2016年11月、単
    • poster "Why are so-called 'Autism Facilities' required in Japan?: The Past, the present ,and the future".ポスター発表「わが国のいわゆる『自閉症施設』はなぜ必要とされてきているのか:これまで、いま、そしてこれから」 East Asia Disability Studies Forum 2016,Place: Colloquium, Ritsumeikan University Osaka Ibaraki Campus、障害学国際セミナー 2016(大阪府茨木市,立命館大学OIC) 2016年9月、単
    • 口演発表「いわゆる『自閉症施設』の社会的存在意義に関する一考察 -実践としての『社会福祉』の展開過程にある現場から考える-」日本社会福祉学会第64回秋季大会 (京都市・佛教大学) 2016年9月 、単
    • 口演発表「自閉症施設における支援に関するソーシャルワーク実践についての一考察:施設ケアと地域ケアに関連して『生活支援』について考える」第14回日本臨床医療福祉学会 抄録集(秋田県・秋田市) 2016年9月、単
    • 口演発表「社会的入院を解消して、本人希望の地域移行を実現した成年後見制度支援事例からの一考察」第52回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会 第15回日本精神保健福祉士学会学術集会 抄録集(山口県・下関市) 2016年6月、単
    • 口演発表「生活支援の担い手づくりの拠点として期待される自閉症施設の役割・機能のあり方検討に向けた一考察:入所施設の現場から」日本生活支援学会第8回全国大会(大阪市)、平成28年4月、単
    • 講演講師「介護施設に於ける法令遵守について:『権利擁護に向けた私たちの取り組み』」三重県老人福祉施設協会、平成27年度第2回鈴亀地区施設老施協、平成27年11月、単
    • 口演発表「『見守り』介護の担い手として期待される介護福祉士の地域実践-軽度の知的障害者の反社会的行動への支援-」第22回日本介護福祉士会・全国大会inみえ(三重県・桑名市)、平成27年11月、単
    • 口演発表「軽度の知的発達障害がある人の地域生活支援のあり方についての一考察-非行問題や累犯行動を『見守り』続ける『支援』との関わりから-」第13回日本介護学会(千葉市)、平成27年10月、単
    • 口演発表「非行問題および累犯行動者支援との関わりからみるソーシャルワークの課題-軽度の知的発達障害者の支援現場からの一考察-」Social Worker Summer Festa 2015 (三重県・志摩市)、平成27年9月、単
    • 口演発表・話題提供者「自閉症スペクトラム障害者の地域生活支援システムに向けての一考察 -いわゆる「動く重症児問題」までを手がかりに:社会的認識と社会福祉の対象理解としての成立過程から-」介護福祉研究センター第6回定例研究会(高田短期大学)、平成27年9月、単
    • ポスター発表「介護支援ロボットのデザイン検討活動による イノベーション教育の試み」日本教育工学会 第31回全国大会(電気通信大学) 、平成27年9月、共同;尾関智恵 , 植木是 , 横山考弘, 中村真里
    • 口演発表「「介護の現場で働きたい」というねがいをもつ当事者支援の現場からみえてくる活動研究に向けての一考察」第13回日本臨床医療福祉学会(名古屋国際会議場) 、平成27年8月、単

学内活動(2015年度~現在)

  • 大学の管理・運営に関する活動
    • 2018年10月~11月: 選挙管理委員会
    • 2018年4月~2019年3月: 障がい学生支援委員会
    • 2017年4月~現在: 教務委員会
    • 2017年4月~現在: フレッシュマン・キャンプ委員会
    • 2017年4月~現在: 研究倫理委員会
    • 2019年4月~現在: 研究公正委員会
    • 2019年4月~現在: 人間社会学会委員会
    • 2017年4月~現在: 社会福祉士課程委員会

社会貢献活動(2015年度~現在)

  • 2019年4月~現在: 認定社会福祉士(認定社会福祉士認証・認定機構)(地域社会・多文化分野)
  • 2018年10月~現在: 大阪府大阪市 東住吉区 地域福祉サポート事業 事業者評価会議  評価委員
  • 2018年10月~現在: 大阪府大阪市 東住吉区 地域福祉サポート事業 事業者選定会議  選定委員
  • 2017年7月~現在: 大阪府富田林市 富田林市空き家等対策協議会委員
  • 2015年4月~2017年3月: 岐阜県 岐阜県介護保険審査会委員(公益代表)
  • 2014年4月~現在: 認定社会福祉士認証・認定機構 認定社会福祉士制度登録スーパーバイザー