人間社会学部人間社会学科

教授

Terence A. Lancashire

テレンス ランカシャー

日本文化と異文化理解と日本文化などを担当し、特に外国人の視点から異文化の特徴に焦点を当てる。

学歴・経歴

専攻分野 民族音楽学、日本の民俗芸能
研究課題 日本の民俗芸能 他
研究キーワード パフォーミングアーツ
最終学歴 大阪大学大学院文学研究
学位 博士(文学)
経歴 大谷女子短期大学
大谷女子大学・大阪大谷大学
所属学会 Society for Ethnomusicology, International Council for Traditional Music, Society for Asian music, European Association for Japanese Studies, 日本民俗芸能学会、東洋音楽学会、

2021年度授業担当科目

学部:日本文化、英米文化を学ぶA、英米文化を学ぶB、卒業研究、異文化コミュニケーション、異文化理解、海外研修A(英語圏)、海外研修B(英語圏)、ゼミナールⅡ、Debate、基礎ゼミⅠ(学習技術)、基礎ゼミⅡ(研究入門)、現代社会論、身体表現と社会、グローバル社会入門

2021年度オフィスアワー

火~木(12:45~13:25)

研究活動(2017年度~現在)

  • 著書
    • An Introduction to Japanese Folk Performing Arts - SOAS Musicology Series. London, New York: Routledge 2016
  • 論文
    • "Gagaku in Place and Practice: a Philosophical Inquiry into the place of Japanese Imperial Court Music in Contemporary Culture - A Response." in ASIAN MUSIC 2018. University of Texas Press in print Vol 49 no 2 Summer/Fall 2018
    • "Izumo kagura, Iwami kagura, and National Intersection,Ritual, Propaganda, Tourist Attraction" in ASIAN ETHNOLOGY 2017 Nanzan Anthropology Institute, Nanzan University vol 76.2. 319-342 2017
  • 主な学会発表
    • The Kagura, National Museum Cardif 国際交流基金 2019 9
    • An Introduction to Japanese Kagura, British Library 国際交流基金 2019 9
    • Japanese Folk Performing Arts, Katarimono workshop Kyoto City University of Arts 2018 2

学内活動(2017年度~現在)

  • 大学の管理・運営に関する活動
    • 国際交流委員長
    • 学生委員会

社会貢献活動(2017年度~現在)

  • 2016年 10月30日「イギリスの多文化」羽曳野市の公開講座
  • 2016年 10月23日「異文化理解の定義。文化とは、異なる文化とは」羽曳野市の公開講座