人間社会学部人間社会学科

講師

緒方 康介

オガタ コウスケ /男

①脆弱でない程度の健康,②貧困でない程度の経済力,③愛する誰かの存在,④与件に基づく自己実現。2つ以上の満足が幸福(福祉)の条件ではないかとにらんでいます。行動科学を学ぶことで他人の心が読めるわけではありませんが,自分を知り,条件を満たす確率を高めることができます。学力=知能×学習+誤差ですので,右辺第1項第2因子のみ自助努力で高められます。応援します。一緒に学びを深めていきましょう。

学歴・経歴

専攻分野 福祉心理学,犯罪心理学,計量心理学
研究課題 虐待被害の心理学的影響,触法少年の犯罪原因論,実践心理学の研究方法論,XBA(cross-battery assessment)システムの構築,(犯罪)心理学論
研究キーワード 児童虐待,少年非行,IQ,知能検査,モンテカルロ・シミュレーション,心理学論
一般・企業・高校生等
講義可能な分野・テーマ
(検索キーワード)
児童相談所,犯罪心理学,児童虐待,少年非行,知能検査
企業等の共同研究開発、
社員教育等が可能な分野
(検索キーワード)
心理テスト,IQ,ケースワークにおける心理技術の応用
最終学歴 大阪市立大学大学院創造都市研究科博士(後期)課程 修了
学位 博士(創造都市)
経歴 大阪府子ども家庭センター(児童相談所) 児童心理司(心理判定員)
大阪市立大学大学院医学研究科法医学教室 学外研究員
大阪市立大学大学院創造都市研究科 客員研究員
所属学会 日本福祉心理学会,日本犯罪心理学会,日本犯罪学会,日本行動計量学会,日本テスト学会

2019年度授業担当科目

学部:統計学A、統計学B、統計学Ⅰ、統計学Ⅱ、コミュニケーション論、ゼミナールⅠ、社会心理学Ⅱ、基礎ゼミⅠ(学習技術)、基礎ゼミⅡ(研究入門)、人間と社会A、カウンセリング実習、社会研究実習Ⅰ(事前事後の指導を含む)、社会研究実習Ⅱ(事前事後の指導を含む)、社会・集団・家族心理学A、障害者・障害児心理学、公認心理師の関係行政論

2019年度オフィスアワー

木曜日(13:05~14:35)

研究活動(2015年度~現在)

  • 著書
    • Ogata, K. (2016). Mental support of bereaved family members in routine forensic autopsy. (Chapter 10) T. Ishikawa, T. Kondo, & H. Maeda (Eds). Innovative Concepts and Technology for Medico-legal Investigation of Death: How to Learn about Human Life from the Deceased. Yoyodo Printing Kaisha Ltd, pp. 199-219. 【分担執筆】
    • 緒方康介(2016)."暴力死"による被害者遺族のトラウマ症状―司法解剖例の分析― 前田均・石川隆紀(監修) 多賀出版 【単著】
    • 緒方康介(2016).虐待された子どもの知能心理学―学力,性格,トラウマとの関連― 多賀出版 【単著】
    • 緒方康介(2012).被虐待児の知能アセスメント―科学的根拠に基づく心理診断を目指して― 多賀出版 【単著】
    • 緒方康介(2006).児童虐待との関わりは 前田均・切池信夫(編)薬物依存Q&A アルコール,タバコ,覚せい剤,麻薬 ミネルヴァ書房,pp. 59-60.【分担執筆】
  • 論文
    • Ogata, K. (2019). WISC-IV factor structures of Japanese children with borderline, or deficient intellectual abilities: Testing measurement invariance compared to simulated norm. Psychology(Psych), 10(6), 767-776.
    • 緒方康介(2019).犯罪心理学者の研究は実務から離脱しても可能か?―科学者実践家を対象にした計量書誌学的分析― 犯罪心理学研究,56(2),15-25.
    • 緒方康介(2019).虐待被害によるストレスと解離症状がワーキングメモリに及ぼす影響 犯罪学雑誌,85(1),15-23.
    • 緒方康介(2018).触法少年に対する児童相談所の指導効果 犯罪心理学研究,56(1),89-104.
    • 緒方康介(2018).虐待された子どもに実施したKABC-IIの分析―ブートストラップ法による推定― 犯罪学雑誌,84(2),50-56.
    • Ogata, K. (2017). Maltreatment related trauma symptoms affect academic achievement through cognitive functioning: A preliminary examination in Japan. Journal of Intelligence, 5, 32. doi:10.3390/jintelligence5040032
    • 緒方康介(2017).P-Fスタディに対する非行児の言語反応―テキストマイニングによる解析の試み― 犯罪学雑誌,83(5),118-129.
    • 緒方康介(2017).境界知能児におけるWISC-IVモデルの因子不変性 教育心理学研究,65(4),466-476.
    • 緒方康介(2017).虐待された子どもが描く「雨の中の私」とトラウマ反応―「雨≒ストレス」仮説の検証― 犯罪学雑誌,83(1),3-8.
    • Ogata, K., Michiue, T., Yamazoe, R., & Maeda, H. (2016). Impact of on-site personal experience of violent death on posttraumatic stress disorder of bereaved Japanese family members in forensic autopsy cases. Journal of Loss and Trauma: International Perspectives on Stress & Coping, 21, 290-302.
    • 緒方康介(2016).ネグレクトされた子どものWISC-IVプロフィール―モンテカルロシミュレーションによる比較分析― 犯罪学雑誌,82(4),96-102.
    • 緒方康介(2016).モンテカルロ法とマッチング法による統制群構成の比較―虐待された子どものWISC-IVにおける例証― 犯罪心理学研究,54(1),31-40.
    • 緒方康介(2016).犯罪臨床におけるモンテカルロ法を用いた比較研究の可能性―非行少年への知能検査による例証― 犯罪学雑誌,82(1),20-29.
    • 緒方康介(2016).虐待の被害児に対する加害親の過剰期待―保護者による社会生活能力の評定と子どもの知能検査結果との乖離― 犯罪心理学研究,53(2),17-27.
    • Ogata, K. (2015). Joint factor structure of the WISC-III and K-ABC for Japanese maltreated children: A preliminary investigation. TPM Testing, Psychometrics, Methodology in Applied Psychology, 22, 477-483.
    • 緒方康介(2015).児童相談所で非行少年に実施されたWISC-IVの分析―P > Vプロフィールの検証― 犯罪心理学研究,52(2),1-10.
    • 緒方康介(2015).直前の記憶喚起がトラウマ症状の自己評定に及ぼす影響―児童相談所でのTSCC-Aを用いた実験― 犯罪学雑誌,81(2),43-50.
    • 緒方康介(2015).テキスト・マイニングを用いた『犯罪心理学研究』の論題分析 犯罪心理学研究,53(1),37-48.
  • 主な学会発表
    • 緒方康介(2016).虐待の被害によるストレスは「雨の中の私」に表現されるのか? 犯罪心理学研究,54(特別号),12-13.
    • 緒方康介(2016).境界知能児のIQはなぜ低いのか?―知能構造の差異による影響の可能性― 日本教育心理学会第58回総会発表論文集,745.
    • 緒方康介(2015).思春期虐待被害児における精神症状―MINI-124によるアセスメント― 犯罪心理学研究,52(特別号),62-63.
  • 科研費その他の補助金
    • 日本学術振興会科学研究費補助金(奨励研究) 【代表】 非行少年の絵画欲求不満テストに対するテキストマイニングを用いた分析法の提案 (2016年度)
    • 日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費) 【代表】 虐待された子どもの知能心理学 (2016年度)
    • 日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費) 【代表】 "暴力死"による被害者遺族のトラウマ症状 (2016年度)
    • 日本犯罪心理学会研究助成 【代表】 虐待された低年齢児における描画法「雨の中の私」を用いたストレス評価 (2015年度)

学内活動(2015年度~現在)

   ―――――

社会貢献活動(2015年度~現在)

  • 大阪市立大学大学院医学研究科法医学教室 公開ワークショップ 法医鑑定・死因究明のための新しい概念と技術―死から命を学ぶ― 「遺族の精神心理的支援」講演 (2015年)
  • 大阪市立大学大学院生活科学研究科 非常勤講師 犯罪心理学特論(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開) (2018年~現在)

受賞歴

  • 2012年 日本犯罪学会 学術奨励賞