人間社会学部人間社会学科

准教授

Myles Grogan

マイルズ グローガン

大学ではもちろん新しい知識を沢山得ます。しかし、一番役に立つ学びは、それより、自覚、態度、そして幅広い思考方法です。この学びは社会人になると欠かせないことですが、一人では身に付けられません。自分と他人の人間関係は何よりも大事な資源ですから、お互いに「投資」しましょう。(英語で「投資」という言葉に「支えあって学ぶ」という意味もあります。)

学歴・経歴

専攻分野 英語教育 言語評価・テスティング
研究課題 英語教育 言語評価・テスティング
研究キーワード Q methodology、 Personal Construct Theory、 評価
一般・企業・高校生等
講義可能な分野・テーマ
(検索キーワード)
英語教育 言語評価・テスティング
企業等の共同研究開発、
社員教育等が可能な分野
(検索キーワード)
異文化理解 英語教育
最終学歴 関西大学外国語教育学研究科博士。
学位 外国語教育学研究 博士
経歴 (2019年-2021年)関西学院大学 Instructor of English as a Foreign Language、(2014年から)関西大学特任講師、(2006年から)桃山学院大学長期契約講師。(2003から) University of California Riverside Beijing Extension Center: CALL Co-ordinator。(1997から) 英会話講師。(1997) ローマ・ミラノ英語講師。(1994-1996) Darlington Citizens' Advice Bureau: Social Policay and Information Worker。
所属学会 日本言語テスト学会

2022年度授業担当科目

学部:英米文化を学ぶA、英米文化を学ぶB、異文化コミュニケーション、異文化理解、基礎ゼミⅠ(学習技術)、現代社会論、社会研究実習(事前事後の指導を含む)、グローバル社会入門、地域社会体験実習Ⅰ、地域社会体験実習Ⅱ、地域社会体験実習

2022年度オフィスアワー

木曜日4限目

研究活動(2018年度~現在)

  • 著書
    • A simple speaking test for an English-language university communication class. Cambridge Scholars Publishing. 2019年11月 単著 In G. Gorsuch (Ed.), Tests that second language teachers make and use (pp. 106 - 128).
    • Research-Based Vocabulary Instruction Strategies. Wiley Online Library 2018年1月 共著者 Lucas, M., Grogan, M., & Takeuchi, O.TESOL Encyclopedia of English Language Teaching (Chapter, 6 pages).
    • Encouraging & motivating vocabulary development. Japan Association for Language Teaching. 2018年1月 共著者 Grogan, M., Lucas, M., & Takeuchi, O.TESOL Encyclopedia of English Language Teaching (Chapter, 6 pages).
    • The 2014 PanSIG Conference Proceedings. Japan Association for Language Teaching 2015年4月 共著者 (全ページ pp.263)G. Brooks, M. Grogan, & M. Porter (Eds.), Nagoya, Japan: JALT.
    • The 2013 PanSIG Conference Proceedings. Japan Association for Language Teaching 2014年4月 共著者 (全ページpp.346)R. Chartrand, G. Brooks, M. Porter, & M. Grogan (Eds.). Nagoya, Japan: JALT.
    • CALL: What's your motivation? Collected papers on the cutting edge of language learning practice. JALT CALL SIG 2011年11月 共著者 (全ページpp.152)Edo Forsythe, Tom Gorham, Myles Grogan, Douglas Jarrell, Robert Chartrand, & Paul Lewis (Eds.)
  • 論文
    • Making the grade: An investigation to the creation and meaning of grades in University EFL classrooms in Japan. 関西大学(博士論文) 2021年3月
    • Repertory grid technique : A tool for exploring classroom-based assessment? Kwansei Gakuin University Humanities Review Vol. 25 pp. 13-28 2021年2月
    • More than meets the eye: Grading in compulsory language classes. Kwansei Gakuin University Humanities Review Vol. 24 pp. 181-191 2020年2月
    • Grading in a university compulsory EFL Class: Student perspectives. Language Education & Technology, 第56号 pp. 103-131 2019年12月
    • Teacher assessment practice in compulsory language classes: Good practice and dilemmas. 千里への道。Journal of Kansai University Graduate School of Foreign Language Education and Research, Vol.16 pp. 1-15 2018年7月
    • Applying the ILTA Guidelines to classroom-based assessment in a Japanese university. English Language Assessment, Vol. 12 pp.9-21 2018年1月
  • その他の刊行物
    • Mixed Methods research in Language Teaching and Learning (Book Review) . 全国語学教育学会(JALT) JALT Journal 151-153. 2019年11月
  • 主な学会発表
    • Pen or keyboard? The impact of task modality on writing fluency development JALT2021: Reflections and New Perspectives. 全国語学教育学会 2021年11月 With Clint Denison and Imogen Custance.
    • Grading the grades: An investigation into classroom-based compulsory university EFL assessment 22nd Conference of the Japan Language Testing Association. 日本言語テスト学会 2019年9月
    • A is for . . . ? Eliciting teachers' assessment constructs using Repertory Grids. MMIRA International Conference 2018 Mixed Methods International Research Association. 2018年9月
    • Student perspectives on classroom-based assessment. LET 2018年度全国研究大会 外国語教育メディア学会 2018年8月
  • 科研費その他の補助金
    • なし

学内活動(2018年度~現在)

  • その他の学内活動
    • なし

社会貢献活動(2018年度~現在)

  • なし

受賞歴

  • なし