教育学部教育学科

准教授

竹歳 賢一

タケトシ ケンイチ

将来、教師・保育士になりたい学生を、竹歳研究室では全面的にサポートします。算数・数学教育のみならず、子どもの成長、教育現場の問題、採用試験、将来の夢などについて語り合いましょう。

学歴・経歴

専攻分野 数学教育学、教育工学
研究課題 論理教育構築に向けた基礎研究、数学的モデリング教材開発、 プログラミング活動を取り入れた実践研究、理数教育における幼小接続
研究キーワード 数学的モデリング学習、論理教育、ICTの教育利用、プログラミング教育、
一般・企業・高校生等
講義可能な分野・テーマ
(検索キーワード)
数学教育全般、プログラミング教育、数学の文化史、教育におけるICT利用、幼小接続
企業等の共同研究開発、
社員教育等が可能な分野
(検索キーワード)
数学教育全般、プログラミング教育、数学の文化史、教育におけるICT利用、幼小接続
最終学歴 東北大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 単位取得科目終了 退学
学位 修士(教育学)
経歴 神戸市公立中学校 数学科教諭
大阪府公立中学校 数学科教諭
大阪教育大学附属天王寺中・高等学校 数学科教諭
所属学会 数学教育学会、日本教育実践学会、日本保育学会、日本数学教育学会、日本教育工学会

2021年度授業担当科目

学部:数学への誘い、卒業研究、ゼミナールⅠ、ゼミナールⅡ、算数科教育法、教科算数、授業実践特論3(算数)、基礎ゼミⅢ、基礎ゼミⅣ、教職実践演習(幼・小)
専攻科:教育実践研究Ⅰ、教科教育法特講Ⅱ

2021年度オフィスアワー

火(12:45~13:25) ※事前予約も可能です。

研究活動(2017年度~現在)

  • 著書
    • 岡本尚子,二澤善紀,月岡卓也 編 『算数科教育 (新しい教職教育講座 教科教育編)』 ミネルヴァ書房 2018 分担執筆
    • 田中伸,峯恭子,長瀬美子 編 『幼小連携カリキュラムのデザインと評価』 風間書房 2015 分担執筆
    • 黒田恭史編 『数学教育実践入門』 共立出版 2014 分担執筆
    • 黒田恭史編 『初等算数科教育法』 ミネルヴァ書房 2011 分担執筆
    • 柳本哲編 『数学的モデリング -本当に役立つ数学の力-』 明治図書 2011 分担執筆
  • 論文
    • 竹歳賢一「学びにつながる幼児期の"あそび"についての実践研究」 『日本・中国数学教育国際会議論文集』北京師範大学・内蒙古師範大学・佛教大学・関西学院大学・京都教育大学 pp.89-92 2017.10
  • 主な学会発表
    • 竹歳賢一 「中学校における論理カリキュラムの構築(1)~推論規則と真理表を利用した教育実践を通して~」 数学教育学会 2020年度秋季例会(熊本大学) 2020.9
    • 竹歳賢一・安田傑 「中学生における演繹論理の認識調査をもとにした論理教育の基礎研究」 数学教育学会 2020年度春季年会(日本大学) 2020.3
    • 竹歳賢一・小谷卓也 「幼児期におけるプログラミング教育についての実践研究」 日本保育学会 第71回大会(宮城学院女子大学) 2018.5
    • 小谷卓也・竹歳賢一 「「ひもの伸び縮み遊び」において見られる探索行動の特性 -1 歳児の「ひも」の性質を感じ取ろうとする姿に着目して-」 日本保育学会 第71回大会(宮城学院女子大学) 2018.5
    • 小谷卓也・竹歳賢一 「幼児期の「かがく」モデル保育「かたちの遊び」における 5 歳児の探索行動の分析」 数学教育学会 2017年度秋季例会 (山形大学) 2017.9
    • Kenichi TAKETOSHI, Takuya KOTANI 「A Practical Study on Promoting Line Symmetry through Symmetric Pattern Play」 Pacific Early Childhood Education Research Association(PECERA) 18th Annual Conference, Cebu City, Philippines (Mondarin Plaza Hotel), 2017.7
    • Takuya KOTANI, Kenichi TAKETOSHI 「An Analysis of the Features of the 2-Year-Old Young Child's Scientific Exploration Extracted from their "Words", "Facial Expressions" and "Behavior" during the Sink and Float Activity」 Pacific Early Childhood Education Research Association(PECERA) 18th Annual Conference, Cebu City, Philippines (Mondarin Plaza Hotel), 2017.7
    • 竹歳賢一・小谷卓也「「対称模様あそび」における実践研究」 日本保育学会 第70回大会 (川崎医療福祉大学) 2017.5
    • 小谷卓也・竹歳賢一「幼児期の「かがく」モデル保育「水車遊び」における4 歳児の探索行動の特性」 日本保育学会 第70回大会 (川崎医療福祉大学) 2017.5
  • 科研費その他の補助金
    • 科学研究費助成金 基盤研究(C) 「幼小中接続を考慮した演繹的論理を中心とした論理教育における教材開発と評価の研究」(課題番号 19K03125) 2019~2021 研究代表者
    • 科学研究費助成金 基盤研究(C) 「物や現象の性質・仕組みを感じ取る力を培う乳幼児期一体型数理教育カリキュラムの開発 」(課題番号 18K02967) 2018~2020 研究分担者

学内活動(2017年度~現在)

  • 大学の管理・運営に関する活動
    • 教育・学修支援センター委員(2020年~現在)
    • フレッシュマンキャンプ委員(2018年)
    • 教育・学習支援組織構想検討委員(2018年~2019年)
    • 就職委員(2018年)
    • 教職対策委員長(2016年~2019年)
    • 教務委員(2013年~2017年)
    • 教職教育センター委員(2013年~現在)

社会貢献活動(2017年度~現在)

  • 講演会講師・出張授業
    • 大阪大谷大学STEAM Lab「オンラインプログラミング教育セミナー」運営・講師 (2021年)
    • 藤井寺市立道明寺小学校出張授業「プログラミング授業4年生」 授業者 (2020年)
    • 枚方市立川越小学校出張授業「プログラミング授業5年生」 授業者 (2020年)
    • 大阪大谷大学公開講座「親子で楽しむ算数教室 プログラミングを楽しもう!」 講師 (2020年)
    • 太子町山田小学校校内研修(算数) 講師 (2020年)
    • 枚方市立蹉跎東小学校校内研修(プログラミング教育) 講師 (2020年)
    • 枚方市立川越小学校校内研修(プログラミング教育) 講師 (2019年)
    • 大阪大谷大学公開講座「親子で楽しむ算数教室 プログラミングを楽しもう!」 講師 (2019年)
    • 富田林市立錦郡小学校校内研修(プログラミング教育) 講師 (2019年)
    • 向日市立第四向陽小学校校内研修(プログラミング教育) 講師 (2019年)
    • 御幸幼稚園園内研修(プログラミング教育) 講師 (2019年)
    • 教員免許状更新講習 「学校教育講習(選択領域)-ICTの教育利用について-」 講師 (2019年)
    • 幼児期の「かがく遊び」を考える会シンポジウム『乳幼児期から低学年児童期の「かがく」体験が育む「感性」と「思考の芽生え」』運営・司会 (2019年)
    • 幼児期の「かがく遊び」を考える会シンポジウム『幼児期の終わりまでに育って欲しい姿」を就学後の学びにつなぐ -「思考力の芽生え」・「数量・図形への関心」・「豊かな感性」の視点から- 』運営・司会 (2018年)
    • 大阪大谷大学公開講座「親子で楽しむ算数教室 プログラミングを楽しもう!」 講師 (2018年)
    • 枚方市立川越小学校校内研修(プログラミング教育) 講師 (2018年)
    • 河内長野市立川上小学校校内研修(算数) 講師 (2017年)
    • 河内長野市立東中学校校区研修(算数・数学) 講師 (2017年)
    • 羽曳野市立丹比小学校校内研修(算数) 講師 (2017年)
    • 大阪大谷大学公開講座「親子で楽しむ算数教室 プログラミングを楽しもう!」講師 (2017年)
    • 河内長野市立川上小学校夏季校内研修(算数) 講師 (2017年)
    • 教員免許状更新講習 「学校教育講習(選択領域)-プログラミング教育について-」 講師 (2017年)
    • 幼児期の「かがく遊び」を考える会シンポジウム『幼児期の終わりまでに育って欲しい姿」を就学後の学びにつなぐ -「思考力の芽生え」・「数量・図形への関心」・「豊かな感性」の視点から- 』運営・講師 (2017年)

受賞歴

  • 第61回読売教育賞優秀賞 『「災害時の非常食計画」を題材とした授業実践-数学的モデリングを取り入れた課題学習-』 読売新聞社 (2012年)