馬部隆弘文学部准教授著書「椿井文書」メディア掲載<まとめ>

馬部先生著書「椿井文書(つばいもんじょ)」に関するメディア掲載のまとめページです。椿井文書とは、江戸時代後期に椿井政隆という人物が中世のものと称して偽作した古文書のことです。近畿地方に数百点もの数が分布していますが、巧みに創られているため、長らく多くの研究者が正しい古文書として用いてきました。「椿井文書」は、この問題に取り組んだものです。

インタビュー
広告

読売新聞(10月3日朝刊1面)
読売新聞(9月7日朝刊1面)
読売新聞(7月31日朝刊1面)
読売新聞(7月27日朝刊1面)
朝日新聞(7月14日朝刊2面)
毎日新聞(6月27日朝刊14面)

新聞・WEB・その他
書評

<スペシャル対談>日本最大級の偽文書 馬部隆弘氏×那須正夫氏

馬部隆弘准教授のプロフィールは、こちら>>>