人間社会学部からのお知らせ

【スポーツ健康学科】2022年度公開講座「豊かな老後のためのロコモメタボ予防教室」初回講義を実施しました

お知らせ

~公開講座「豊かな老後のためのロコモメタボ予防教室」初回講義~ 

*日時:2022年6月4日(土) 9:30~12:30

*場所:大阪大谷大学 ウェルネスセンター 

*講師:児玉 公正(人間社会学部長、教授)

  吉川 眞由美(医師、教授)

  池田 香代(管理栄養士、専任講師)     

 本講座は10年継続している人気の講座です。今年度の初回講義は、半年間のトレーニングも受講される11名様をお迎えして開催しました。皆様にとって身近で興味深いテーマである「栄養」「医学」「運動」についての講義であり、熱心に受講して頂きました。以下は講義の内容です。

 ~栄養学の見地から~池田先生

 受講者の皆様には、期間中3回、一日の食事記録をつけて頂きます。日常の食事内容を分析し、過不足している栄養素についてなど結果をお伝えします。今年度は本学の学生も携わり、改善策をご提案させて頂く予定です。講義では食事記録の記入方法の説明と、ロコモ・メタボ対策における重要な栄養素についてお話ししました。

 ~医学の見地から~吉川先生

 血液検査表に表示されている用語・略語や数値の見方を解説し、結果から読み取れる病気のサインなどをわかりやすくお伝えしました。受講者ご自身の直近の血液検査結果をご持参頂いていましたので、具体的に理解を深めて頂くことができました。約半年後により良い数値が出るよう、生活習慣を見直して頂くきっかけになることを願います。

 ~運動学の見地から~児玉先生

 過去の受講者の体組成データを読み解き、講座受講のビフォーアフターを示しました。運動前のセルフチェック、時間をかけた水分補給の大切さなどを説明し、半年間、無理なく参加して頂くことをお願いしました。メタボ対策として有酸素トレーニング、ロコモ対策としてレジスタンストレーニングを実施して頂きます。