教育学部からのお知らせ

【幼児教育専攻】保育内容(造形表現)のオンライン授業のご紹介

お知らせ

昨年度から猛威をふるう新型コロナウイルスの影響により、大学へのリモート授業の要請が続いており、保育内容(造形表現)もまたオンラインでの実施を余儀なくされています。
 学生同士の主体的な学び合い(アクティブラーニング)を対面で実施できないことに心痛を感じながらも、今は耐える時期であるとの想いから、以下のような工夫を施し、オンライン授業を実施しています。
その工夫の1つ目が、youtubeのような動画配信です。撮影した授業動画をなるべく短く編集し、音楽を入れ、可能な限り楽しい雰囲気が醸し出さないかと工夫しています。もちろんyoutubeには程遠いですが、学生さんが普段見慣れているコンテンツに近いかたちでの配信を目指しています。
 2つ目が提出された作品写真への相互コメントです。主体的な学び合い(アクティブラーニング)の代わりとして、提出された受講生同士の作品写真を共有化し、お互いに保育者としての視点からコメントを残します。また関連して、模擬保育の動画の提出と共有を実施しています。学生さんの中には、気恥ずかしいと感じられる人もたくさんいると思いますが、一方でお互いの良さを受容し、お互いを認め合うことで、自分の中には無い多様な視点や価値観を育んでほしいと願っています。

講義動画では、文字数を抑え、イラストを使用し、話す内容を噛み砕くことで、可能な限りわかりやすく伝えることを心がけています。

ゾウ笛と呼ばれる、「パオーン!」と音の鳴る楽器を作った際には、象だけでなく、鶏や牛の作品も見られました。また、象を作ってくれた学生さんも、模様にこだわって丁寧に作ってくれました。
まだ初回の授業でしか学生さんとお会いできていないので、一刻も早い対面授業の再開を願っています。