教育学部からのお知らせ

【幼児教育専攻】<新4回生対象>「公立保育職採用試験突破プログラム」始まりました!

お知らせ

幼児教育専攻では毎年1割程度の学生が公立の保育職を目指して採用試験を受験します。幼稚園・こども園・保育所には公立と私立があり、公立は市町村の公務員試験(保育職)を受験し、自治体ごとの採用となります。最近は、幼稚園や保育所を区別することなく幼保が同じ試験で採用されて、合格後に配属が決まることが多いです。大阪大谷の幼児教育専攻では、保育職を目指す学生対象に、全学的に実施しているキャリアセンターの採用試験対策だけではなく、幼児教育を専門とする教員の面接指導・実技指導・履歴書指導などのプログラムがあります。また、全国でも珍しい幼児教育実践研究センターを設置しており、幼児教育を専門としたキャリア支援も行っています。センターには、学習支援室があり、採用試験のための各種問題集や絵本、保育雑誌、情報検索用パソコンなどがそろい、同じ公立保育職を目指す仲間と一緒に受験勉強に取り組むことができます。今年は、コロナ禍ということもあり、オンラインでチームを作り、2月から公立保育職を目指す仲間づくりが始まります。

「オンラインでの造形実技指導」

「幼児教育実践研究センター学習支援室」