教育学部からのお知らせ

【幼児教育専攻】<遊び文化コース 3回生>のこぎりとトンカチをつかった造形的な遊びを体験 11/11(水)

お知らせ

トンカチやのこぎりは「危険な道具」のため、大人たちはつい子どもから遠ざける傾向があります。しかしこれらの道具は、「安全に配慮」することで、とても便利な道具へと様変わりします。

遊び文化コースの3回生は、造形担当の教員(山本)が実際に行った子どもたちへの実践動画を見ながら、トンカチやのこぎりの安全な使い方を学びました。

また実践では、ただ木を切り、釘を打つだけではなく、子どもたちと楽しく作れるアートな作品を制作しました。

自分で鋸引きをした木に、クレパスで絵を描き、さらにトンカチで打ちこんだ釘にカラーの輪ゴムをかけていきます。

それぞれ素敵な作品ができあがりました!

最近はのこぎりを引いたことのない大人も増えています。なかなか経験することのできない今回の活動は、きっと将来に生かされると思います。将来、子どもたちに多様な遊びや経験をさせてあげられる、そんな保育者になれるよう、今後も学びを深めてほしいと思います。