教育学部からのお知らせ

「海外保育・教育研修A」でオーストラリアに行ってきました! 10/3(木)

お知らせ

今年から始まった「海外保育・教育研修A」はその名の通り海外で保育と教育について学ぶ授業です。9月6日に出発し、19日の帰国まで、オーストラリアのブリズベンにあるCharlton Brownで研修の日々!保育・教育に関する英語レッスン、粘土遊びや赤ちゃんのお世話の練習、そして現地の保育園・幼稚園・小学校を毎日訪問して授業見学したり子どもたちと触れ合ったり、たくさんの学びがありました。

多文化社会のオーストラリアではどのような教育が行われているのでしょうか。学生たちは気付いたことはどんな些細なことでも記録し、それをクラス内で発表します。研修中はホームステイなので授業が終わったあとも英語漬け!しだいに英語でのコミュニケーションにも少しずつ慣れ、気がつけば自分から積極的に英語で質問するように。

最後の授業ではこれまでの視察をもとに日本とオーストラリアの保育・教育を比較します。もちろん限られた時間で見たものはオーストラリアの保育・教育の一側面にしかすぎないかもしれません。それでも、その根底にある考え方や効果的な実践の方法などを確かに学びとることができたようです。現地でつかんできたことをそれぞれの今後に大いに活かしてくれることでしょう。

・・・授業はこれで終わりではありません。10月9日には事後授業があり、研修での学びを振り返り、発表をすることになっています。学びはまだまだ続きます。

体験しながら学んでいます!

動物との触れ合いも

オーストラリアと言えばコアラ!

きれいな自然がオーストラリアの魅力

あっという間の充実した研修でした!