教育学部からのお知らせ

【幼児教育専攻】図書館・幼児教育実践研究センターのガイダンスを受講 7/10(水)

お知らせ

基礎ゼミⅠ(1回生)の授業の一環で図書館と幼児教育実践研究センターのガイダンスを受けました。

図書館ガイダンスとは、学生が図書館の利用方法や活用の仕方を学ぶことを目的としています。どうしてわざわざ授業の中で図書館の利用についての説明を受けないといけないの?と思う方もいるかもしれませんが、本学の図書館は本館と別館があり、約46万冊の所蔵があります。探したい本を何も調べずに探し回ると1日かかっても見つからないかもしれません。そのため、PCを使った本の検索方法や利用方法について説明を受け、実際に1冊本を選んで借りるところまで行いました。これから、期末のテストシーズンに向けて、大いに図書館を活用して学びを深めてもらいたいです。

また、図書館ガイダンスに続いて幼児教育実践研究センター(幼教センター)のガイダンスも行いました。

幼教センターは、幼児教育専攻学生専用のスペースで、事務職員や教員が在中しており、実習関係の書類の提出や実習に関する相談、幼児教育や公務員試験に関する本の貸し出し、自習などを行うことができます。本日も公務員試験に向けて勉強する4回生でにぎわっていました。

これからぜひ図書館や幼教センターをうまく活用し、学びを深めてもらいたいです。