教育学部からのお知らせ

<第76回教育学会>を開催しました 2/7(木)

イベント

平成31年2月7日(木)に、第76回教育学会を開催しました。

第1部では、今年度で退職される教育学科・特別支援教育専攻の落合利佳教授により、「人とつながるということ」と題し、記念講演が行われました。落合先生の医者としてのご経験や、米国での滞在経験に基づいた「人とのつながり」の大切さはとても心に響くものであり、多くの学生にとっても思い出に残る、素敵な講演になりました。

  

    大槻美智子教育学会長によるご挨拶           落合利佳教授による記念講演

第2部では、4年生による研究・実践発表が行われました。最初に、幼児教育専攻岡ゼミの皆さんによる「なわあそびの理論と実際」の研究発表と「なわを使ったリズム体操」の実演が行われました。続いて、園田ひかりさん(幼児教育専攻)による「シャボン玉遊びからの考察」、山口莉穂さん(幼児教育専攻)による「野球遊びが幼児に与える影響」、出口遊歩さん(学校教育専攻)による「構成的グループエンカウンターの可能性」の発表が行われました。いずれの発表でも、明確な問題関心に基づきながら、現場での実践を重ね、指導法を考案するなどの創意工夫が見て取れました。また、本学志学館1階では、竹本ゼミ・山本ゼミ4回生による卒業制作の展示会が行われ、各自の取り組みの成果を発表しました。

  

      口頭発表した皆さん              大槻会長と中島大介さん、四方誉さん

最後に、学会誌『教育研究』第44号において研究成果を発表した、中島大介さんと四方誉さん(幼児教育専攻4回生)に研究助成金が贈呈されました。