大阪大谷キャンパスブログ OSAKA OHTANI CAMPUS BLOG

SEARCH
NEW ENTRY
CATEGORY
CARENDER
ARCHIVE

学生記者ヤマシタ&ツザキ&モリモトが行く!≪新入生歓迎会≫

2014/04/28

 

4月7日(月)14:40~17:00第一体育館にて、新入生に大阪大谷大学の魅力を伝えるイベント、新入生歓迎会が行われました。

今までの新入生歓迎会とはまったく違った形で立ち上がり、企画・立案の段階からすべて学生主導で行いました。
最初はどうしていいのかわからなかった団体も、新入生歓迎会委員長を筆頭に意見を出し合い、連日におよぶ話し合いを重ね、より良いものを作ろうと、試行錯誤を繰り返していました。


最初のプログラムは、本年度から取り組んだ『新入生に向けた上級生によるワンポイントメッセージ』と題して防犯劇が行われました。意外と身近に潜んでいる危険や性犯罪に対して、学生目線で訴えていくことが大切であり、一人一人の危機意識が高まることで、「事件」や「事故」を未然に防ぐことが目的でした。
富田林警察署の方々も交えて入念なリハーサルを行ったこともあり、完成度は高く素晴らしい舞台でした。また、より印象に残るようにと、笑いを散りばめた内容であったため、新入生も笑って気軽に聴いてくれて、良い『ワンポイントメッセージ』になったのではないかと思います。(参加団体:大学祭実行委員会・文化会・有志)

 

この防犯劇が終わった後は、体育館(教育学部,文学部)と講堂(人間社会学部,薬学部)に分かれて、部活やサークルによる、日ごろの活動の紹介、練習の成果や宣伝など活気に溢れた、新入生歓迎会のメインイベントが行われました!


「1部」は、体育館で吹奏楽部,講堂でJAZZ研究会の演奏から始まりました。
新入生も手拍子をしたり一緒に口ずさんだりとても楽しんでいる様子でした。

 

新入生歓迎会は、文化系団体だけでなく、体育系団体も自分たちの魅力を余すところなく披露し、会場を大いに盛り上げてくれました。
どの団体にもたくさんの新入生が入ってほしいものです!

 

「1部」と「2部」の間は、イントロゲームでちょっと休憩。
新入生は、先輩や友達と和気あいあいと話し合って、楽しんでいる様子でした。
“優勝チームと準優勝チームには、なんと!景品まであったんですよ!
景品はなんとお菓子でした!!

 

ゲームも終え、「2部」に入るとまた新入生は、真剣な眼差しで先輩たちの舞台を見ていました。
それを見ると、この新入生歓迎会を作って、心から良かったと思いました。
新入生に少しでも、『大阪大谷大学』の魅力を感じてもらえたのなら、これ以上に嬉しいことはないでしょう。

 

「2部」は、講堂は吹奏楽部、体育館はJAZZ研究会が大とりを務めてくれました。
その音色は、エンディングに相応しい素晴らしく心地の良いものでした。

現在、課外活動に積極的に取り組む学生や団体が減ってきている中ではありますが、少しずつ団体への参加意識の輪が広がってきています。しかし、それもほんの一部なので、もっと色んな人が積極的に参画してほしいと思います。

一緒に創り上げた
平成26年度 新入生歓迎実行委員会
佐々木紅実委員長(教育学部2回生)からのコメントです。

私は、今回「全ては新入生のために」をモットーに新入生歓迎会を考えてきました。私はこの時まだ一回生で、本当に拙いながら皆さんをまとめてきました。そして新歓を創り上げました。しかし、それは私だけの力ではなく、周りにいる人たちに支えられたからこそ出来たものです。その中で、私はもっと新入生のために楽しいものを作り上げたいという気持ちが芽生えました。来年度は今年の反省を生かして、新入生がもっと楽しめるものにしたいです。そして、それぞれの課外活動団体にも還元されるような工夫を考えています。これに関わる全ての人の力で、大学全体を盛り上げられるような新入生歓迎会を作り上げていきたいです。全ては新入生のために。


写真撮影および文章構成:文化会 役員補佐 山下祐果(薬学部4回生)
文章構成:文化会 会長 津崎秀斗(薬学部4回生)

 

Copyright © Osaka Ohtani University. All Rights Reserved.