大阪大谷キャンパスブログ OSAKA OHTANI CAMPUS BLOG

SEARCH
NEW ENTRY
CATEGORY
CARENDER
ARCHIVE

「教員採用試験」に合格しました!!2013 Vol.11 [教育福祉学部 教育福祉学科4回生 -山本さん]

2013/12/20

教員採用試験合格学生インタビュー、Vol.11は山本さんに登場いただきます。

このたびは「大阪府・小学校」教諭合格おめでとうございます。ここまでの道のりは、今まで登場した皆さんとは少し違って、紆余曲折があったと伺いました。
小学6年生の時に出会った担任のM先生に感銘を受け、教師をめざして大阪大谷大学へ進学しました。
僕には、小4の頃から家庭の事情で不登校になってしまった親友がいて、ずっと学校の帰りに彼の家へプリントを届けたり、一緒に勉強したりしていたんです。その折かならず、M先生は僕と一緒に家庭訪問をし、勉強に付き添い、学校の様子を伝えるなど、非常に熱心でアクティブな対応をされました。もちろん、それまでの担任の先生方の対応が間違っていたとは思っていません。ですが、M先生の対応からは、できるだけ彼と関わろうとされているのが感じられました。彼が小6の3学期には登校できるようになったのも、M先生のそんな熱意が伝わったからだと思いました。それをきっかけに僕も教師になりたい、と考えたのですが…。

何か心境の変化がありましたか?
昨年の教育実習で、小学校3年生のクラスを担当しました。基礎的な勉強があまり得意でない僕でも、さすがに小3なら理解できている内容だと、今思えば甘く考えていたんですね。それが、日が経つにつれ、理解できていても“教える”のは難しいんだな、とつくづく思うようになって。そんなときに担任の先生が急用で休まれることになり、丸2日間僕一人ですべてをこなさなければならなくなりました。とにかく大変でしんどくて・・・。たった2日でこんな風では、やっていけるのか、と不安でいっぱいになってしまったんです。

そこで、「就活」を始めた。
はい。昨年の12月の時点では、就職課へ通い、あちこちの就職説明会へ参加するようになりました。でも、参加すればするほど、自分の中で違和感がある。就職課のスタッフの方々も、僕の気持ちを察してくださって、「今からでも遅くないから、本当にやりたいことをやってみては」と言ってくださいました。やはり、初志貫徹で行こう、と決めたのが今年の3月でした。
僕は、兵庫県の丹波市出身で、一人暮らし中。本来なら集中して家で勉強をすればいいのですが、採用試験対策をするにあたって一番に考えたのが、“どこで勉強しよう?”ということ。一人だとはかどらないのは十分わかっていましたから(笑)。そんなとき、足立君や宮川君が「一緒にやろうよ」と声をかけてくれ、個人学習コーナーへ通うようになりました。周りで一緒に頑張っている友人のおかげで自分も頑張れました。この場所がなければ合格できなかったと思います。

教員採用試験でも実にいろいろな経験をしたそうで…全部はとても紹介しきれない(笑)ので、何か一つ詳しく教えてください。
大阪府だけでなく横浜市の試験も受験したのですが、面接で真逆な答えをしてしまって。面接に関しては、元来あがり症なので、それをカバーするためゼミの先生他たくさんの先生方にお願いして何度も何度も練習してたんです。時には、ゼミのメンバーとスイッチで面接する側に立って質問したり。この方法では面接時の視線の向け方の大切さもよくわかり、本当にためになりました。
ところが、横浜市の面接当日、これまで練習し、何度も答えてきた設問
「(M先生のエピソードを受け)では、そのM先生のようになりたい、ということですか?」
に、極度に緊張して「ハイ!」と・・・。
――僕はM先生をめざすのではなく、M先生をめざしつつも子ども一人ひとりと密に関わって子どもの気持ちをくみ取って平等に接することを目標にしています。 と、回答のはずが・・・
もう、頭の中は真っ白。脇汗が吹き出すのがわかりました。でも、“ハイ”と答え、応答が進んでしまった以上、今さら元々の話はできない、けど、もちろん嘘もつけない。どうやってその後を切り抜けたのか、正直覚えていません!

でも、横浜市も大阪府も合格した。勝因は何だと思いますか。
とにかくリターンを返すことでしょうか。さまざまな質疑応答の場面で”わからない”は最後まで言わない、と決めていました。だから、グイグイ迫ってくるような圧迫面接はむしろチャンスと捉えて臨みました。
あと、僕は一人暮らしで親に負担をかけていますから、アルバイトは必須。天王寺にあるQ’sMALL内のアパレルショップで働いています。教師になれば保護者対応も重要なので、幅広い世代の方に接することのできるバイト先を、と考え選んだのですが、これは大正解でした。お客様とコミュニケーションを取るのは楽しいですし、ここでの経験は自分を大きく成長させてくれたと感じています。

すっきりとオシャレな印象の山本さん。子どもたちと強い連携を持った素敵なセンセイになってください。

手元までセンス良☆ これで脇汗とは?!意外デス

 

 

 

 

 

 


教職教育センター詳細はこちら>>>

Copyright © Osaka Ohtani University. All Rights Reserved.