富田林市との連携プロジェクト

2007年3月に、教育・文化・環境等様々な分野で協働し、地域社会に貢献するため、富田林市と連携協力に関する基本協定を締結しました。以来、お互いが有する知的財産、歴史的・文化的資源を活かし、多様な事業・行事を企画・運営して地域の活性化を図り、豊かな街づくりに取り組んでいます。

各種審議会・委員会・セミナー・講座等に対する委員や講師としての教員派遣から、学生・職員研修の共同実施、学生が携わる『子どもインフォメーション』(富田林市の子ども向け広報誌)の編集に至るまで、多岐にわたる事業を展開しています。

2016年度には、本学と富田林市は「災害時における支援に関する協定書」を締結し、大規模災害時における避難所としての施設提供をはじめ、学生ボランティアによる避難所支援など様々な防災プロジェクトに取り組んでいます。その一環として、学生たちが市の要請に応えて「総合防災訓練」にボランティアとして参加したり、また、大学祭「志学祭」でも、富田林市市長公室危機管理室をはじめ、地元の錦織地区総代会、錦織自主防災連絡協議会、自衛隊大阪地方協力本部の方々のご協力をいただいて、防災企画を実施しています。

2017年度には、市と共催で防災に関する公開講座「巨大地震に備えて―備えあれば憂いなし―」をシンポジウム形式で開催しました。

毎年7月に実施される「富田林市ドリームフェスティバル~ボールパークの思い出を子どもたちに~」では、人間社会学部スポーツ健康学科の学生たちが来場者調査を行い、市民のスポーツ振興のための提言を市職員や球団職員に向けて実施したり、合唱団・アカペラ部が開会式での国歌斉唱などを担ってきましたが、昨年は硬式野球部がボールボーイや試合前の練習補助、場内整理などを担当しました。

また、市の将来計画の根幹である<富田林市総合ビジョン>を推進するためのワークショップ「未来の富田林をあなたと描く市民会議"Mira-ton"」に毎年学生たちも参画し、市民や市職員の方々の熱い「富田林愛」に触発されながら、富田林市の大切な未来を創造するプロジェクトに積極的に取り組んでいます。

なお、毎年、市民の皆さまの要望に応え、本学公開講座を市立公民館を会場として共催で開催するとともに、公民館講座や図書館講演会へ本学教員を講師として派遣しています。

本学公開講座(共催:市民公民館)

2018年度大阪大谷大学公開講座 共催:中央公民館

日時 講師 講座名
2018年6月29日 人間社会学部講師
松原 裕一
簡単ストレッチ教室
―転倒防止とストレッチ―

過去の本学公開講座はこちら

市立公民館連携講座

2018年度中央公民館連携講座

日時 講師 講座名
2018年8月7日 人間社会学部講師
松原 裕一
ヤングセミナー
スポーツに役立つテーピング講座

過去の市立公民館連携講座はこちら

市立図書館連携講座

2018年度中央図書館講演会

日時 講師 講座名
2018年9月7日 人間社会学部教授
中道 厚子
高齢期を輝かせる生涯学習活用術
「ぴんぴんピカピカころり」のススメ

過去の市立図書館連携講座はこちら