教職教育センター長メッセージ

教育学部 特任教授
藤村 裕爾

随分以前のことになりますが、経済産業省の有識者会議で、「社会人基礎力」とは何かを議論した結果、次の3つの能力を定義しました。①「前に踏み出す力」一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力、②「考え抜く力」疑問を持ち、考え抜く力、③「チームで働く力」多様な人々とともに、目標に向けて協力する力、です。
この3つの能力は社会人に必要な能力ではありますが、「教師になりたい!」というみなさんにこそ、大学生活の中で培ってほしい能力です。
「教師になりたい」という夢を実現するためには、強い志と自分の適性を把握し目標をもった大学生活を送ることが、何よりも重要です。何事に対しても受け身ではなく一歩前に踏み出し、とことん考え抜き、仲間とともに協力し、その成果として夢を実現していく、そんなみなさんを、私たちは応援します。

経歴 宇都宮大学教育学部教育学科卒業
教育学士、大阪府教育委員会事務局小中学校課長、同市町村教育室長
大阪府教育センター所長
専攻分野 教育学
担当科目 教職論、授業技術基礎、教育実習指導ほか
E-mail fujimuyuu@osaka-ohtani.ac.jp