内定者の声

大同信用組合
人間社会学部4回生

前川 修也

(奈良県立青翔高等学校 出身)

進路決定までの道のり

大学3回生の夏頃に就職について考えるようになりました。志望業界が決まっていなかったので、様々な業界の説明会やインターンシップに参加しました。
そんな時、金融研究会に参加したことで、金融業界はお金に関する業務が中心となっていますが、お金を預かることを通じて地域の人たちとコミュニケーションを取り、密接に関わることのできる仕事であり、お金以外でもお客様のお役に立つことが分かり、金融業界と決めて説明会や選考に進んでいきました。

就活で苦労して乗り越えたエピソード

学生生活の中で部活動やサークルに所属していなかったため、学生生活で打ち込んだことや志望動機が浮かばず、履歴書を作成するのにとても苦労しました。とくに、自分の学生生活の振り返りを考える時など、就職課に相談することにしました。履歴書の添削や内容を親身になって考えてもらったことで自分らしい履歴書を作成することができました。
事前準備のおかげで企業の選考に進む際には、自己PRなどそれまでやってきたことで自信を身に付け挑むことができました。

後輩へのメッセージ

大学生活は、今しかできないことがたくさんあります。そのひとつに就職活動があり、私は早くにスタートさせることが重要だと思います。自ら積極的にインターンシップに参加して、早めに志望業界を決めてください。きっと、新しい発見や何らかのチャンスが転がっていると思います。
そして、志望業界を決めれば、粘り強く最後まで諦めずに頑張ってください。
困った時は1人で抱え込まずに就職課や、まわりの人に相談することをおすすめします。