内定者の声

鉄道業界内定
文学部4回生

杤尾 晃広

(大商学園高等学校 出身)

進路決定までの道のり

3回生の冬から企業研究を開始し、就活サイトなどで自分がここなら働いてみたいという企業だけを研究しました。大学ではボランティア委員会に所属していて、地域の方や行政の方との関わりなどで人と話す力が身につきました。アルバイトではテーマパークで働いており、お客様が楽しく過ごせる環境を提供するため多くのお客様とお話をする機会があり、おひとりおひとりに気持ちが届くよう努力することでコミュニケーション能力が身につきました。

就活で苦労して乗り越えたエピソード

文章を書く、考えるということが非常に苦手でエントリーシートや履歴書を書くのに苦労しました。就職課やキャリアサポートルームに通い、エントリーシートや履歴書の添削などをしていただき非常に役に立ちました。
コミュニケーションや人と話すことは上達してもいざ面接となると非常に緊張し、準備していたにも関わらず話すことが思いつかないことなども多かったですが、面接練習を繰り返すことで面接本番では自分の話したいことを話せたと思います。

後輩へのメッセージ

就職活動は楽ではありませんが、絶対に自分の行きたいと思う就職先に就職できるよう、精一杯頑張ってください。大学生のうちにいっぱい遊び、いい思い出ができるように志望先に向かって頑張ってください。そして就職活動中は活動に縛られず、友達と遊ぶことや趣味なども忘れずにリフレッシュしてください!