キャリアセンター長メッセージ

キャリアセンター長 人間社会学部
人間社会学科 教授
尾川 信之
プロフィール

私は大学院薬学研究科を修了し、企業で研究開発をスタートに、研究企画、経営企画、人事などの仕事に携わってきました。そして、これまでの経験を踏まえて次代を担う人材の育成に貢献したいとの思いから、27年間の企業勤務を辞して2009年に大阪大谷大学人間社会学部の教員として参りました。

企業勤務の経験から、企業の様々な部署がどのような人材を採用したいかを実感しています。当初、私のゼミでそれに応える人材育成の指導を試みました。学生たちに「過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」と唱え、学生のキャリアデザイン指導、そのキャリアデザインに沿った履修科目や目指す資格の設定、その実行への動機づけになどに取り組みました。当時のゼミ生たちは一生懸命に頑張り、日商簿記2級やTOEICスコア800点超えと結果を出す学生も現れ、金融、機械、製薬、旅行、流通などの東証一部上場企業に就職を果たすようになりました。その取り組みはその後私の所属する人間社会学部でのキャリア教育として整備され、そこでの実績から現在全学的なキャリア教育へと発展しました。

キャリアセンターはキャリア教育とキャリア支援の二つのミッションを担っています。キャリア教育科目は「学生生活系科目」、「仕事観・職業観系科目」、「社会人基礎力系科目」、「就活実践系科目」の4つの領域からなり、それぞれに正課科目が配置されています。これらの科目を学年に沿って計画的に履修することで、キャリア支援として行われる様々な行事、講座、対策にスムーズに入っていくことができます。

キャリアセンター長として、キャリアセンター職員と一緒に皆さんを応援していきます。皆さんも、志高く、夢に向かって頑張っていただきたいと思います。