大阪大谷大学

English

基礎薬学系

有機化学講座

教授

宮下 和之

経歴 京都薬科大学薬学科卒、薬剤師、大阪大学大学院薬学研究科後期課程中退、薬学博士、米国ウェイン州立大学化学科 博士研究員、大阪大学大学院薬学研究科 准教授、大阪大学薬学部 招聘教授(現)
専攻分野 有機化学、生物有機化学
担当科目 基礎化学、有機化学Ⅱ ほか
メールアドレス

宮下 和之

【一言メッセージ】
有機化学をベースとして機能性分子の設計・合成とその応用に関する研究を行っています。「くすりは化学物質である」という観点から「構造式の読める薬剤師」の養成を目指しています。みなさんの夢をかなえるべく、精一杯サポートしますので、何でも相談に来てください。

准教授

池尻 昌宏

経歴 大阪大学薬学部卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了、博士(薬学)。米国ノートルダム大学博士研究員、徳島文理大学香川薬学部助手・助教
専攻分野 有機化学、医薬品化学
担当科目 医薬品化学、先端有機化学 ほか
メールアドレス

池尻 昌宏

【一言メッセージ】
薬剤師を目指す皆さんには6年間の学生生活の中で色々なことを勉強し、また体験・経験して頂きたいと思います。薬剤師の仕事は「薬の専門家」であると共に、患者さんと薬とを結ぶ「薬の窓口」でもあります。そのため、薬に関する科学的な知識の習得だけでなく、患者さんに安心を与えられる「暖かいハート」も大切になってきます。それらをここ大阪大谷大学でしっかりと学んで頂ければと思います。

助教

藤坂 朱紀

経歴 大阪大学薬学部卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了、博士(薬学)
専攻分野 生物有機化学
担当科目 化学実習、化学系薬学実習
メールアドレス

藤坂 朱紀

【一言メッセージ】
くすりの専門家である薬剤師は、専門家ではない患者様や医療従事者にくすりの正しい情報を説明し、最も安全かつ有効な医療に貢献することが求められています。そのためには土台のしっかりした幅広い知識が必要です。有機化学は、くすりの生体内でのはたらき(化学反応)を理解するために必要な基礎学問の一つです。基礎からしっかり築いていきましょう。

分子化学講座
経歴 大阪大学基礎工学研究科助手
専攻分野 物性物理学、物理化学、磁気科学
担当科目 数学・統計学、物理化学A・B ほか
ホームページ http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/12/index.html
メールアドレス

森本 正太郎

【一言メッセージ】
勉強に年齢制限はありません、自ら「学びとる」姿勢が大切です。薬学部出身の先生方とは視点が異なる「変わり者」ですが、一緒に学びましょう。また、大学の生活を通して、「人」として人間性を豊かにする術(すべ)も学びましょう。

経歴 明治製菓医薬総合研究所研究員
専攻分野 物理化学、光化学、磁気科学
担当科目 情報薬学基礎演習、物理系薬学実習
メールアドレス

宇田川 周子

【一言メッセージ】
薬学部では様々な分野を広く学びます。広く科学を学んだ薬剤師は医療人であると共に地域の科学者であってほしいと思います。沢山勉強することがありますが、少しでも「面白い」を原動力に勉強できるように応援しています。

助教

牧 祥

経歴 大阪大学基礎工学部機械工学科卒業、九州大学大学院総合理工学研究科博士後期課程修了。独立行政法人産業技術総合研究所関西センター派遣研究員(NEDOフェロー) 大阪大学大学院工学研究科CREST研究員、独立行政法人労働安全衛生総合研究所研究員、多摩大学大学院経営情報学専攻修士課程修了、愛知教育大学保健環境センター研究員、国立高等専門学校機構 明石工業高等専門学校非常勤講師。博士(工学)
専攻分野 機械工学(流体力学, 熱工学, 伝熱学), 磁気科学, 統計学
担当科目 情報薬学基礎演習、物理系薬学実習
メールアドレス

牧 祥

【一言メッセージ】
薬学部は履修科目が多く、日々の演習やレポート、実験などをこなすだけでも大変です。そんな薬学部に敢えて進学を希望された皆さんだからこそ、高い専門性を持つ有能な薬剤師に育って欲しいと願っています。時間は誰に対しても平等に与えられ、遊んで過ごしても、猛烈に勉強して過ごしても同じ6年間です。若い頃に覚えた知識や経験は決して無駄にならないということを肝に銘じ、日々の研鑽を怠らず、余裕ある大学生活を謳歌して欲しいです。

生化学講座

教授

寺田 知行

経歴 大阪薬科大学卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士課程修了。博士(薬学)。米国国立保健研究所国立眼研究所文部省在外研究員、大阪大学薬学研究科助教授、大谷女子大学教育福祉学部教授、大阪大谷大学図書館長。(薬剤師、臨床検査技師)
専攻分野 生物系薬学 (酵素学、分子生物学、細胞生物学)
担当科目 生化学A(細胞生物学)、生化学B(代謝生物学)、医療薬物科学特論、生物学実習、生物系薬学実習、衛生薬学演習A、衛生薬学演習B,基礎薬学演習C
ホームページ http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/15/top.html
メールアドレス

寺田 知行

【一言メッセージ】
生化学は、生命活動を化学・生物学的に学ぶ学問です。生化学の知識は、高学年で学ぶ応用薬学科目や臨床薬学科目の修得に重要です。理解が進むと大変楽しい科目なので、質問は勿論のこと、私たちと一緒に勉強しましょう。
 研究室では、酵素やその遺伝子研究、遺伝子治療の基礎解析などの生物学の研究いわゆるバイオテクノロジー研究やっていますので、興味のある学生の訪問は大歓迎です。

准教授

西中 徹

経歴 大阪大学薬学部卒業
大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了(博士(薬学))
カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部研究員
京都府立医科大学大学院 医学研究科 学内講師
専攻分野 生化学、分子生物学
担当科目 生化学B、分子生体情報学 ほか
メールアドレス

西中 徹

【一言メッセージ】
若さはエネルギーの源です。だからいろんなことに興味を持って、積極的にチャレンジしましょう。また、勉強も含めて何事も楽しみながらやっていくことが大切かなと思います。共に大学生活を楽しみましょう!

経歴 岡山大学薬学部 総合薬学科卒業、岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 博士前期課程修了、薬店薬剤師、臨床開発モニター、大阪大学大学院 薬学研究科 博士後期課程修了 博士(薬学)、独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員
専攻分野 生化学、分子生物学、遺伝子治療学
担当科目 生物学実習、生物系薬学実習 ほか
メールアドレス

清水 かほり

【一言メッセージ】
薬学部は、生体や薬をはじめとする生命科学を広く学ぶことができる学部です。卒業後の進路は、薬剤師としての勤務はもちろんのこと、新薬開発の現場や研究に携わるなど様々な可能性を秘めています。ぜひ学生さんと一緒に、大学生活や進路を考えたり、学ぶことや新しいことを発見する楽しさを味わったりしたいと思います。

分子生物学講座

教授

冨田 晃司

経歴 大阪府立成人病センター 臨床検査科副部長
専攻分野 分子栄養学、生化学、糖尿病学、内分泌学
担当科目 生化学A・C、栄養学 ほか
メールアドレス

冨田 晃司

【一言メッセージ】
糖尿病を含む内分泌疾患発症の進展における遺伝子の関与などに興味を持っています。薬学を修めるためには生物学の広い領域の知識を必要とします。また、将来的には薬を通じて人とうまく向き合っていくスキルが必要とされます。知識だけでなく、人と接する力を身につけることを考え学生生活を送ってください。

准教授

田中 高志

経歴 大阪教育大学卒業、大阪大学大学院医学研究科修了、博士(医学)、米国ヴァンダビルト大学医学部博士研究員、福井大学医学部医学科助教、大阪大谷大学薬学部講師。
専攻分野 分子生物学、細胞生物学、生化学
担当科目 生化学C、分子生体情報学 ほか
メールアドレス

田中 高志

【一言メッセージ】
教育と研究を通して皆さんの目標達成の一助となれるようひたむきに努力をしようと思っています。また、いまだ明らかになっていないことを解き明かす楽しさ、喜びや感動を共有できるようにしたいと思っています。

助教

小野 萌

経歴 松本大学大学院 健康科学研究科 健康科学
専攻分野 栄養学、分子生物学、生化学
担当科目 生物学実習、生物系薬学実習
メールアドレス

小野 萌

【一言メッセージ】
大学時代は多くの経験ができ、自分の道を広げられる期間です。 失敗を恐れず様々なことに挑戦し、学び、成長することの楽しさを実感してください。 対象者に専門知識をわかりやすく伝えることのできる人材を育てたいと思います。

衛生・微生物学講座

教授

谷 佳津治

経歴 大阪大学助手、講師
専攻分野 環境微生物学
担当科目 微生物学、環境安全学 ほか
メールアドレス

谷 佳津治

【一言メッセージ】
薬学部出身者の活躍の場は、病院、薬局、企業、公的研究機関など多様です。卒業後、いずれの進路を選んだとしても、求められるのは問題解決能力です。本学での教育、研究を通じて、将来の役に立つ科学的な思考を身につけた人間を育てたいと考えています。

准教授

見坂 武彦

経歴 大阪大学薬学部卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士前期・後期課程修了。Mahidol University 客員研究員(タイ王国)、大日本製薬株式会社、University of Frontier 招へい講師(チリ共和国)、大阪大学大学院薬学研究科 特任研究員・特任助手。博士(薬学)
専攻分野 環境微生物学
担当科目 微生物学、環境安全学 ほか
メールアドレス

見坂 武彦

【一言メッセージ】
薬学出身者の活躍の場は多岐にわたります。学生のうちに、幅広い基礎知識と科学的な考え方を習得した上で、自分自身でしっかりと考え、計画・行動ができる力を身につけて欲しいと思います。

経歴 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了・博士(理学)
専攻分野 生態学、微生物生態学
担当科目 生物学実習、衛生薬学実習ほか
メールアドレス

内井 喜美子

【一言メッセージ】
大学は、人生の中で一番自由に勉強できる時代です。好奇心を持って、しっかりと学んでください。

応用薬学系

薬理学講座

教授

水口 博之

経歴 大阪市立大学理学部生物学科卒業、大阪大学大学院医学研究科修士課程修了、大阪大学大学院医学研究科博士課程修了(博士(医学))、大阪医科大学助手、The University of Texas Southwestern Medical center at Dallas(Research Fellow)、徳島大学大学院医歯薬学研究部准教授
専攻分野 分子薬理学
担当科目 薬理学A、生理・薬理学実習
メールアドレス

水口 博之

【一言メッセージ】
薬理学は薬物の作用機序を明らかにする学問ですが、同時に病態に基づいた治療法及び治療薬の開発を行う薬物治療学でもあります。皆さんには常に病気を意識し「薬は病気を治すためにある」ということを認識して欲しいと思います。私は、症状の重篤性と強くリンクする疾患感受性遺伝子に着目し、その遺伝子発現シグナルを制御することで病態と遺伝子発現を結びつけ症状の改善を目指す研究を行っています。一緒に研究しましょう!

准教授

綿野 智一

経歴 鐘紡(株)創薬研究所研究員、福島県立医科大学医学部薬理学講座・助手、学内講師、英国レスター大学博士研究員、(財)三友堂看護専門学校薬理学非常勤講師
専攻分野 薬理学
担当科目 薬理学A・B、化学療法学 ほか
メールアドレス

綿野 智一

【一言メッセージ】
薬理学を担当しますが、教科書に書いてある薬の名前と疾患名を機械的に覚えるというのではなく、「どうしてこの薬は効くのか?」と考えて理解できるような講義をしたいと思っています。薬理学に限らず何にでも好奇心を持って、「不思議だな、どうしてだろう?」というような感性と「それを解決してやろう確かめてやろう」というような積極的な態度で勉強をしてください。カリキュラムの中の講義、実習だけでなく、研究室(実験室)に遊びに来て実験・研究の見学や質問をしたり、一緒に実験・研究をしたりしてくださる学生さんは大歓迎です。

経歴 福山大学 薬学部卒業。熊本大学大学院 薬学教育 博士前期課程修了 。 博士(薬学)
専攻分野 薬理学
担当科目 生理・薬理学実習、基礎コミュニケーション演習 ほか
メールアドレス

道永 昌太郎

【一言メッセージ】
薬学部を目指す皆さん、薬学部に在籍の皆さん、薬学部は薬や病気について専門的に学ぶことができ、そして人間的にも大きく成長できる場所です。私たちが担当する「薬理学」は薬学部の主要教科のひとつであり、まさに薬学部の醍醐味でもあります。薬理学を極めて、社会で大活躍できる「薬学者」を目指してください。

薬剤学講座

教授

村上 正裕

経歴 博士(薬学)、薬剤師.京都薬科大学助手・講師、ミシガン大学薬学部リサーチフェロー、天藤製薬株式会社探索研究室長、独立行政法人物質材料研究機構(生体材料研究センター)リサーチアドバイザー、東海大学知的財産戦略本部プロジェクトマネージャー及び顧問等を歴任.蘇州大学薬学部客座教授.NPO法人バイオ&ソーシャルサイエンス推進国際研究交流会理事、東海大学医学部・非常勤講師、東京医科歯科大学・非常勤講師
専攻分野 薬剤学
担当科目 製剤化のサイエンスⅠ・ II、薬物投与設計学 ほか
ホームページ http://osakaohtani-yakuzai.wix.com/pharmaceutics
メールアドレス

村上 正裕

【一言メッセージ】
人が成長するためには"場"がとても重要です。ここ志学台には、それぞれの資質を引き出してくれる場がきっとあります。慈悲・和合・精進。大谷カラーを身につけて、優しく、頼りになる薬剤師さんを目指しましょう。

准教授

堀切 勇児

経歴 京都薬科大学大学院修了後、田辺製薬株式会社(現田辺三菱製薬株式会社)に入社、在職中に東京大学薬学部製剤学教室に受託研究員として在籍、CMC研究所製剤研究部主任研究員を経て現職に至る。博士(薬学)、薬剤師
専攻分野 薬剤学、製剤学、薬物動態学
担当科目 薬剤・薬物動態学実習、医療薬学演習B ほか
メールアドレス

堀切 勇児

【一言メッセージ】
薬学部卒業生は、病院、薬局、企業、官公庁など幅広い分野で活躍できます。そのためには専門的知識技能だけでなく問題に柔軟に対処できることも大切です。学生の皆さんが社会から必要とされる人になれるよう支援したいと思います。

助教

松本 昭博

経歴 博士(薬学)、薬剤師、田辺三菱製薬株式会社製剤研究所、株式会社阪神薬局医療経営企画室を経て、現職。2015年からは本学非常勤講師
専攻分野 物理薬剤学
担当科目 薬剤学実習、薬物投与設計学
メールアドレス

松本 昭博

【一言メッセージ】
ある哲学者は、アリストテレスの言葉を借りてこう言っています。「楽しみは能力のしるしである」と。諸君がこれから経験するであろう場面、場面を楽しめるよう、大学では幅広くしかして深くも学び、能力を最大限に高めておきましょう。

衛生・毒性学講座

教授

坂崎 文俊

経歴 摂南大学薬学部助教、薬剤師、NR・サプリメントアドバイザー、健康食品管理士
専攻分野 毒性学
担当科目 食品安全学、毒性学 ほか
メールアドレス

坂崎 文俊

【一言メッセージ】
新しいことを知り、身に付けた知識を活用するのは楽しいものです。世の中を知り、世の中に役立っていけば人生が豊かになります。食品と毒性の知識を通じて、病気にならない生活を提案できる薬剤師を目指しましょう。

講師

山田 佳太

経歴 近畿大学薬学部 研究員、香川大学 研究推進機構総合生命科学研究センター 寄附研究部門教員 (薬学博士、薬剤師)
専攻分野 毒性学、食品衛生学、分析化学、糖鎖生物学
担当科目 食品安全学、毒性学
ホームページ http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/21/index.html
メールアドレス

山田 佳太

【一言メッセージ】
研究、スポーツ、ビジネス等の多くの分野で共通することですが、特殊な武器(知識や技術)を持つ人材は重宝されます。大阪大谷大学では、薬剤師免許と共に、サプリメントアドバイザーや健康食品管理士の資格を取得するため、栄養学の習得支援に力を入れています。薬局や病院業務を遂行する上で、栄養学の知識は、強力な武器となりますので、是非習得していただきたいと思います。

助教

松浦 健二

経歴 山口大学工学部応用化学工学科卒業、山口大学大学院理工学研究科博士前期課程修了、山口大学大学院医学系研究科医学博士課程修了。博士(医学)。山口大学大学院医学系研究科助教、姫路獨協大学薬学部助手。
専攻分野 生化学
担当科目 衛生薬学実習、化学系薬学実習 ほか
ホームページ http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/16/index.html
メールアドレス

松浦 健二

【一言メッセージ】
「戦いの地を知り、戦いの日を知らば、千里なるも戦うべし(孫子、虚実篇)」という言葉があります。これは、どこで、いつ戦うかを主体的に決めることができれば、遠い道のりであっても事前に準備ができるので戦ってもいい(勝てる)という意味です。国家試験とその後のキャリアデザインに対しても同じことが言えます。この言葉のように主体的(←ここ重要)に計画・準備していきましょう。

医薬品化学講座

教授

前崎 直容

経歴 武田薬品工業(株)化学研究所、大阪大学薬学部助手、米国オハイオ州立大学博士研究員、大阪大学薬学研究科助教授。薬剤師、博士(薬学)
専攻分野 有機化学、創薬化学
担当科目 基礎化学、有機化学 I ほか
ホームページ http://www3.osaka-ohtani.ac.jp/ph/9/index.html
メールアドレス

前崎 直容

【一言メッセージ】
有機化学は薬剤師にとって、お薬の性質や作用、他の薬と混合した際の変化などを化学構造の側面から理解するために必要となります。有機化学の学習は、結果を暗記するのではなく、なぜそうなるのかを理解することが大切です。疑問はそのままにせず、気軽に質問に来てください。

准教授

広川 美視

経歴 平成元年大日本製薬(現大日本住友製薬(株))創薬研究所に入社、平成19年4月~ 現職
専攻分野 創薬化学、医薬品化学、有機化学
担当科目 医薬品化学、基礎薬学演習A・B ほか
メールアドレス

広川 美視

【一言メッセージ】
薬剤師になるための6年間、絶えず勉学に励める強い意志と忍耐力が必要です。主体は学生自身であり、教員はあくまで補助者に過ぎませんが、サポート・協力は惜しみません。

助教

曲田 拓司

経歴 大阪薬科大学薬学部薬科学科卒業。大阪薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了。修士(薬学)
専攻分野 有機化学
担当科目 化学実習、化学系薬学実習 ほか
メールアドレス

曲田 拓司

【一言メッセージ】
医薬品の開発において有機化学は重要な役割を担っています。そのため、有機化学を学ぶことで医薬品についての理解が深まると思います。皆さんにとって新たな発見に繋がるような勉強や研究の手助けができればと考えております。

免疫学講座

教授

戸村 道夫

経歴 東北大学薬学部卒業、東北大学薬学研究科修士課程修了。東レ株式会社研究員。大阪大学医学部博士課程、助教。理化学研究所上級研究員、京都大学医学研究科特定准教授。医学博士。
専攻分野 免疫学
担当科目 免疫生体防御学 I・II、医療薬学演習A・C ほか
メールアドレス

戸村 道夫

【一言メッセージ】
感染・ガン・喘息・食物アレルギー・肥満など社会的に重要な疾患に、免疫系は大きく関わっています。私たちは、免疫細胞の全身レベルの移動と働きを可視化によって理解し、免疫疾患の新しい制御法の確立を目指しています。自分たちの身体の中で生きている細胞に働いて、病を治癒する「薬」のメカニズムを沢山理解して下さい。そして、考える力、実現する力を鍛えて世の中に羽ばたいていって下さい。

准教授

楠本 豊

経歴 大阪大学歯学部卒業。大阪大学大学院歯学研究科修了。大阪大学歯学部助手(口腔治療学)、朝日大学歯学部講師(口腔細菌学)、科学技術振興機構研究員(東京大学医科学研究所 感染遺伝学分野所属)。歯科医師、博士(歯学)
専攻分野 免疫学
担当科目 免疫生体防御学 I・II、医療薬学演習A・C ほか
メールアドレス

楠本 豊

【一言メッセージ】
入学生の皆さんは、将来、薬剤を通して直接的もしくは間接的に疾患に向かい、さらにはその先で患者さんと向き合うこととなると思います。在学中また 卒後も、薬学、医療を通して、学問だけでなく人間にとってより奥深いことを学んでいっていただきたいと思っております。共に有意義な時間を持つことが出来ればと考えております。

助教

守屋 大樹

経歴 鳥取大学・山口大学大学院・博士(獣医学)
専攻分野 免疫学
担当科目 生物系薬学実習、生物学実習
メールアドレス

守屋 大樹

【一言メッセージ】
薬剤師となるためには膨大な知識が必要です。しかしながら、その知識をすべて身につけたとしても社会に出ると対応できない問題が出てくると思います。大学では知識のみならず、考え方や問題解決能力も身につけることが出来るようにサポートしていこうと思います!一緒に頑張りましょう!

医療薬学系

臨床薬理学講座

教授

米田 耕造

経歴 京都大学医学部卒業、京都大学大学院医学研究科博士課程(内科系専攻)修了、米国NIH(NIAMS皮膚科学研究室)客員研究員、京都大学医学部助手、秋田大学医学部講師、香川大学医学部准教授。皮膚科医。医学博士。
専攻分野 皮膚科学、薬理学
担当科目 機能形態学A、薬物治療学A・C・D、薬物治療学ゼミナールほか
メールアドレス

米田 耕造

【一言メッセージ】
今、日本はこれまで経験したことがないような超高齢化社会を迎えています。少子高齢化とそれに付随する医療のニーズが医療費の高騰を招き、大きな社会問題となっています。病気を治す医療から病気にならないようにする医療への方向転換も模索されています。薬物治療の根幹をなす学問である臨床薬理学はこれからの日本社会にとり、たいへん重要な科学の1分野になってきます。あっという間の6年間だと思いますが、よく考え、一生懸命に頑張って、皆さん一人一人の夢を実現してください。

講師

山形 雅代

経歴 大阪府立母子保健総合医療センター研究所、日本学術振興会 特別研究員(PD)
専攻分野 腎臓薬理学 分子生物学
担当科目 薬学英語A、生理・薬理学実習 ほか
メールアドレス

山形 雅代

【一言メッセージ】
6年間という時間は、長いようで意外と短いものです。低学年科目は、全ての基礎となる科目ですから、理解・修得するように心がけてください。それを基礎とし、共用試験、国家試験に望んでください。一日一日を大切に過ごしてください。

助教

下川 隆臣

経歴 大阪大谷大学薬学部卒業、株式会社ココカラファインヘルスケア 薬剤師
専攻分野 薬理学、腎臓薬理学
担当科目 コミュニケーション演習A、生理・薬理学実習 ほか
メールアドレス

下川 隆臣

【一言メッセージ】
大学6年間で学ぶ事は非常に多く大変です。また医療も絶えず進歩しているので薬剤師として働き出しても日々、勉強が必要になっていきます。在学中は薬剤師になるための基礎を作っていって下さい。一緒に頑張っていきましょう。

薬物治療学講座

教授

田中 静吾

経歴 京都大学医学部卒業、京大病院神経内科医師、福井赤十字病院内科医師、京都大学医学研究科博士課程修了(医学博士)、カリフォルニア大学サンディエゴ校神経科学部門研究員、京都大学化学研究所助教授を経て現職。
専攻分野 内科学、神経内科学
担当科目 薬物治療学B・C・D、病態検査学 ほか
メールアドレス

田中 静吾

【一言メッセージ】
6年制薬学部の卒業生には、医療現場において、これまで以上に「薬のプロ」として、臨床で役立つ薬剤師が求められています。私の授業では、病気の理解を目指して、症状や診断から薬の使い方まで、臨床経験を生かして指導していきたいと思っています。ともに薬のプロを目指しましょう。

准教授

竹橋 正則

経歴 大阪医科大学附属病院中央検査部 臨床検査技師、京都大学化学研究所(分子臨床化学)博士研究員、京都大学大学院医学研究科(分子遺伝学)助手
専攻分野 病態検査学、臨床化学、生殖生物学
担当科目 病態検査学、臨床分析化学 ほか
メールアドレス

竹橋 正則

【一言メッセージ】
薬剤師の業務は多様で、研究においてもその対象やアプローチの方法は様々です。でも"病気を予防する・治す"という目標は共通しています。そんな気持ちをもった、やる気のある皆さんをお待ちしています。この目標に向かってともに学び、チャレンジしていきましょう。

助教

黒川 優

経歴 高知大学 農学部卒業、京都大学院 農学研究科 修了
専攻分野 応用生命科学
担当科目 情報薬学基礎演習、生理・薬理学実習
メールアドレス

黒川 優

【一言メッセージ】
健康でいることの有難さは普段認識しづらいかもしれません。薬がどのような仕組みで効くのかを知ることができれば、体が健康であることの凄さがより一層わかると思います。楽しく一緒に学んでいきましょう。

臨床薬剤学講座

教授

廣谷 芳彦

経歴 昭和54年岡山大学大学院薬学研究科博士前期課程応用薬学専攻修了(薬剤学分野)後、大阪大学医学部附属病院薬剤部入局・試験室長、大阪薬科大学講師
専攻分野 臨床薬剤学、医療薬学、社会薬学
担当科目 臨床薬学 I、医療コミュニケーション演習 ほか
ホームページ http://osaka-ohtani-clinpharm.com/blogWP/
メールアドレス

廣谷 芳彦

【一言メッセージ】
薬剤師は、薬を通して患者の「いのち」を守る薬物治療の専門家で、医療職として大きな責務があるので、教養科目、基礎薬学から臨床薬学まで多くのことを学んで下さい。また、何事にも積極的かつ意欲的に取り組み多くのことを学んで下さい。

准教授

池田 賢二

経歴 平成4年大阪大学薬学部薬学科卒業:平成6年大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程応用薬学専攻修了(薬剤学分野):平成24年博士(薬学)(大阪大学):平成6年5月~平成18年3月:大阪大学医学部附属病院薬剤部勤務、平成22年度~24年度:八尾市立病院薬剤部非常勤兼務
専攻分野 臨床薬剤学、医療薬学、薬物動態学
担当科目 臨床薬学Ⅱ、医療コミュニケーション演習 など
ホームページ http://osaka-ohtani-clinpharm.com/blogWP/
メールアドレス

池田 賢二

【一言メッセージ】
よく遊び、よく学ぶ。何事にも真剣に!が、充実した生活を生み出します。
私は、めりはりの付いた薬学部生活を応援します。
臨床薬剤師ってどんな薬剤師でしょうか。簡単な問いではありません。
その答えを見つけるためにも、基礎と臨床を個人で実践出来る人材を目指して欲しいと思います。

助教

浦嶋 庸子

経歴 大阪薬科大学大学薬学部卒業、大阪薬科大学大学院薬学専攻臨床薬学分野博士後期課程修了。博士(薬学)
専攻分野 臨床薬剤学、医療薬学
担当科目 コミュニケーション演習B、PBL型医療倫理学演習 ほか
メールアドレス

浦嶋 庸子

【一言メッセージ】
薬を使う所には必ずヒトがいます。ヒトの中で薬が何をしているのか、その場所と時間を想像し、効果や副作用を予測できることは薬剤師としての大きな職能です。物質としての薬が生体の中でどのように影響してくるのか、臨床の目線から学べるよう一緒にがんばりましょう。

医療薬学講座

教授

小西 廣己

経歴 京都薬科大学卒業、大阪大学大学院薬学研究科修了。滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部試験研究室長。滋賀医科大学客員教授。博士(薬学)
専攻分野 医療薬学、薬物動態学
担当科目 医薬安全情報学、薬物投与設計学 ほか
ホームページ http://site450745-5134-787.strikingly.com/
メールアドレス

小西 廣己

【一言メッセージ】
医療現場で働くためには薬剤師免許を取得することが必要ですが、社会に出てさまざまな問題に直面したとき、解決への糸口を見つけるツールを大学時代に身につけておかなければなりません。目標をもって努力する熱意のある学生さん達を精一杯サポートしたいと思っています。

講師

長井 克仁

経歴 (株)J.みらいメディカルきららみらい薬局グループ大利店薬局長兼管理薬剤師。薬剤師、博士(薬学)
専攻分野 医療薬学
担当科目 臨床薬学II、医療コミュニケーション演習 ほか
メールアドレス

長井 克仁

【一言メッセージ】
薬剤師は医療の担い手として、社会に貢献する職種かと思います。学生の方々へ少しでも多く薬剤に関する知識を学んでいただき、そして社会人としてやっていけるようサポートしていきたいと思います。

助教

福野 修平

経歴 京都薬科大学薬学部卒業、京都薬科大学大学院薬学研究科修了。株式会社J.みらいメディカルきららみらい薬局管理薬剤師兼薬局長。認定実務実習指導薬剤師、修士(薬学)。
専攻分野 医療薬学
担当科目 コミュニケーション演習B、実務前実習 ほか
ホームページ http://site450745-5134-787.strikingly.com/
メールアドレス

福野 修平

【一言メッセージ】
病院や薬局を問わず医療現場で薬剤師に求められている力は、薬の知識のみでなくコミュニケーション能力と問題解決能力と感じています。いずれも一朝一夕で身に付くものではありませんが、実習などを通して一人でも多くの学生さんが薬剤師として活躍できるようサポートしたいと思います。

実践医療薬学講座

教授

名德 倫明

経歴 前市立池田病院副薬剤部長、大阪市立大学非常勤講師、大阪保健医療大学非常勤講師
専攻分野 臨床薬学、臨床栄養学
担当科目 医療情報薬学、コミュニケーション演習B、実務前実習 ほか
メールアドレス

名德 倫明

【一言メッセージ】
医療は、患者を中心に、医師、薬剤師、看護師等の医療従事者がチ-ムで取り組みます。大学では、医療人となるために必要な基礎薬学や臨床薬学などの知識を学び、コミュニケーションスキルを習得します。チ-ム医療の一翼を担える薬剤師をめざして頑張ってください。6年間の大学生活が充実し、楽しく過ごせるよう応援します。

准教授

初田 泰敏

経歴 高の原中央病院薬剤科長 など
専攻分野 医療情報学
担当科目 医療情報薬学、医薬安全情報学、実務前実習 ほか
ホームページ http://www.choverichi.com/
メールアドレス

初田 泰敏

【一言メッセージ】
「くすり」と一口にいっても、治療薬、商品、薬理活性物質、規制対象物質などと、扱われる場面によってその意味は様々に変化します。薬剤師はこのような「くすり」の多面性を知る唯一の存在です。みなさん、幅広い視野を持った薬剤師を目指して一緒に頑張りましょう。

助教

面谷 幸子

経歴 北里大学薬学部薬学
専攻分野 医療薬学、感染症学
担当科目 コミュニケーション演習B、PBL型医療倫理学演習 ほか
メールアドレス

面谷 幸子

【一言メッセージ】
チーム医療の一員として医療現場の中で活躍できるような薬剤師を目指して、共に頑張りましょう。6年間の学生生活を有意義なものにしてください。

薬物動態学講座

教授

橋爪 孝典

経歴 北海道大学大学院薬学研究科博士課程前期修了後、大日本製薬株式会社(現 大日本住友製薬株式会社)に入社。同社研究本部 薬物動態研究所 開発薬物動態第1グループマネージャー (大阪市立大学医学研究科客員研究員、米国ワシントン大学薬学部客員研究員)、薬剤師、博士(薬学)
専攻分野 薬物動態学
担当科目 薬物動態学Ⅰ・Ⅱ、薬剤・薬物動態学実習 ほか
メールアドレス

橋爪 孝典

【一言メッセージ】
『くすり』が体の中でどのように動くのか(動態)を学び、研究します。薬物動態を知ることは安全で有効な薬物治療に役立ちます。将来、みなさんが薬剤師として羽ばたけるようできる限りのサポートをします。わからないところがあればいつでも質問に来て下さい。

医薬品開発学講座
経歴 岡山大学大学院 薬学研究科 
薬学博士 
専攻分野 医薬品開発学
担当科目 医薬品開発学A・B、臨床試験概論
メールアドレス

中田 雄一郎

【一言メッセージ】
薬は合成・スクリーニングに始まり、非臨床・臨床試験を経て最終的に国によって承認され、ようやく患者さんの手元に届きます。医薬品開発学、臨床試験概論はそのプロセスを知る学問で、例えば医薬品添付文書がそのアウトプットのひとつです。薬の生い立ちを深く理解するために、是非一緒に勉強しましょう。

天然薬物学講座

教授

伊藤 卓也

経歴 近畿大学薬学部卒業、薬剤師、大阪大学大学院薬学研究科博士前期・後期課程修了、博士(薬学)。大阪大学大学院 博士研究員、米国オレゴン州立大学薬学部 博士研究員、徳島文理大学薬学部 助教・講師(専任)、富山大学和漢医薬学総合研究所 准教授、富山大学大学院生命融合科学教育部 准教授(兼任)
専攻分野 天然物化学、生薬学、発酵工学、薬用植物学
担当科目 天然薬物学I、天然薬物学IIほか
メールアドレス

伊藤 卓也

【一言メッセージ】
薬学部は理系のように見られますが、薬剤師として働けばサービス業です。専門的な知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力を高めなければなりません。人間力を持った薬剤師になるよう一緒に勉強しましょう。

臨床薬学教育センター

特任教授

向井 淳治

経歴 近畿大学薬学部薬学科卒業、武庫川女子大学薬学研究科修了、兵庫県立大学経営研究科修了、博士(薬学)、ヘルスケア・マネジメント修士(専門職)
専攻分野 医療薬学
担当科目 病院薬剤師論、コミュニケーション演習B ほか
メールアドレス

向井 淳治

【一言メッセージ】
チーム医療においては、薬の専門家である薬剤師が主体的に薬物療法に参加することが求められています。医療の現場で、スペシャリストとして活躍する薬剤師を目指して頑張ってください。そのためには、何にでも興味を持ち、何にでもチャレンジしてください(薬以外のことにも)。そして、自らの可能性を広げ、有意義な学生生活を過ごしてください。

特命教授

植村 純子

経歴 京都薬科大学卒業、国保中央病院薬剤部、薬学士。
専攻分野 医療薬学
担当科目 薬学科実習演習担当 1.早期体験学習 2.実務実習事前学習 3.実務実習訪問指導
メールアドレス

植村 純子

【一言メッセージ】
医療現場では、患者を含めた多職種チームの一員として薬剤師の担う役割が期待されます。私の経験から得た知恵が役にたつように、薬剤師が皆さんの天職となることを祈って、お手伝いさせていただきたいと思います。

特命教授

大橋 甲三郎

経歴 北陸大学薬学部衛生薬学科卒業。 健康堂薬局開局 管理薬剤師、 認定実務実習指導薬剤師、保険薬剤師、学校薬剤師、スポーツファーマシスト、衛生検査技師、介護支援専門員、薬学士。
専攻分野 医療薬学
担当科目 薬学概論(早期体験学習)、事前実習、実務実習、コミュニケーション演習B、医療コミュニケーション演習
メールアドレス

大橋 甲三郎

【一言メッセージ】
医療の担い手としてーすなわち医療人として、質の高い薬剤師を目指し、6年間勉学に励んで下さい。微力ながら、事前実習などで私の経験してきたこと、得た知識など指導させて戴きます。現役の薬剤師も生涯学習が必要です。共にスキルアップしていきましょう。

特命教授

中島 千鶴

経歴 大阪薬科大学卒業 奈良県宇陀市立病院薬剤科長 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 日本研修センター認定指導薬剤師  薬学士。
専攻分野 医療薬学
担当科目 薬学概論(早期体験学習)、事前実習、実務実習、コミュニケーション演習B、医療コミュニケーション演習
メールアドレス

中島 千鶴

【一言メッセージ】
病院薬剤師経験35年を活かせる様に、皆さんと共に顔の見える薬剤師そして理想とする薬剤師を目指して、楽しく勉学に励みたいと思っていますので、どうぞ宜しくお願い致します。
何時でも気軽にお声をかけてください。

特命教授

前田 葉子

経歴 神戸学院大学薬学部薬学科卒業  独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪府立母子保健総合医療センター薬局
妊婦・授乳婦専門薬剤師、 糖尿病療養指導士、 
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師、薬学士。
専攻分野 医療薬学
担当科目 薬学科実習演習担当
(1)早期体験学習 (2)実務実習事前学習 (3)実務実習訪問指導
メールアドレス

前田 葉子

【一言メッセージ】
夢多き学生生活、人生で一番輝かしい時です。一日一日を大切にしてください。現在、病院では薬剤師に多様なことが要求されています。薬剤師がチーム医療の中でポジションをしっかり確立していかなければなりません。将来の病院薬剤師になるために、しっかり病院薬剤師を見てきてください。そのためのお手伝いをさせていただきます。よろしくお願いします。

薬学教育支援・開発センター

准教授

江﨑 誠治

経歴 大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了・博士(医学)
専攻分野 生物物理学、医療系教育
担当科目 基礎薬学演習A・B・C、医療倫理学演習、基礎コミュニケーション演習 ほか
メールアドレス

江﨑 誠治

【一言メッセージ】
正しく理解する、とはどういうこと?
正しく理解するには、どうしたら良い?

こんな疑問に応えられる、自分に合った学習法に出逢い、実践していけるよう、支援ができればと思います。

准教授

渡部 勇

経歴 広島大学大学院理学研究科(博士課程後期)物理学専攻修了 博士(理学) 秋田経済法科大学短期大学部助教授 ノースアジア大学教養部准教授 工学院大学学習支援センター講師
専攻分野 物理学、物理教育
担当科目 ―――――
メールアドレス

渡部 勇

【一言メッセージ】
大学の勉強は、高校までに習ったたくさんのことに対して、もう一度振り返って「どうしてだろう?」と理屈を考えてみることから始まります。自ら考える力を養うのが大学です。理由が判れば多くの事柄を統一的に見ることができる様になりますし、無理に丸暗記する必要も無くなります。教わっていないことにも考えて答を出せて、更に先へと進めるようになります。みなさんも一緒に、物(もの)の理(ことわり)を考えてみましょう。

講師

青江 麻衣

経歴 武庫川女子大学 大学院薬学研究科修了。修士(薬学)
専攻分野 薬学教育、有機化学
担当科目 基礎薬学演習A・B、情報薬学基礎演習 ほか
メールアドレス

青江 麻衣

【一言メッセージ】
どのように勉強すればよいがわからない、講義についていけないなどの学習面での不安があれば相談にきてください。一緒に解決方法を見つけ出しましょう。皆さんの貴重な大学生活が、より有意義なものになるようサポートします。

講師

朴 炫宣

経歴 東京薬科大学大学院 薬学研究科 博士後期課程修了 博士(薬学) 
東京薬科大学 薬学部 助手、高知工科大学 助教、高知県立牧野植物園 研究員
専攻分野 生薬学、天然物化学、有機化学
担当科目 ―――――
メールアドレス

朴 炫宣

【一言メッセージ】
6年は長いようであっという間に過ぎていきます。勉強も遊びも自分の意志でとことん打ち込みましょう。

薬学部客員教授

客員教授

那須 正夫

経歴 大阪大学大学院薬学研究科修士課程修了、大阪大学大学院医学研究科博士課程(微生物病研究所)修了、医学博士、大阪大学教授
専攻分野 衛生薬学、環境薬学、情報薬学
担当科目 ―――――
メールアドレス

那須 正夫

【一言メッセージ】
衛生薬学は、ヒトが健康で安全に、安心して過ごせる環境をつくりだすことを大きな目的のひとつにしています。広い視野を持ち、理系、文系の枠をこえた取り組みも必要となります。face to faceのコミュニケーションを大切にしたいと思います。

※表示のメールアドレスを直接入力し送信してください。

学部・専攻科・大学院
関連コンテンツ
Skoop!スクープ
取得可能資格
教員一覧
学部構成
専攻科 ⁄ 大学院

ページトップ