大阪大谷大学

now loading…

English

概要・教育方針


「薬」中心の薬剤師からのステップアップ
薬学部オリジナルホームページ

いのちをつなぐ薬の力と、薬のエキスパートの力。その源が、ここにあります。

6年間通じての少人数教育で幅広い知識と実務実践能力を養成し、
国家試験合格を強力にバックアップ

1、2年次は、倫理観・責任感を育む科目、人間を理解する幅広い教養を育む科目を重点的に学び、3年次から専門教育科目が主となります。また1年次から4年次にかけては実習・コミュニケーション演習などにより、薬学で必要とされる基本的な技能や態度を身につけ、その集大成として、5年次に約5ヵ月間におよぶ学内外での実務実習を行います。さらに5、6 年次の卒業研究を通じて問題解決能力を育成します。そして6年次には、各専門分野におけるより高度な内容の講義、さらに国家試験対策の講義を開講します。
このように、まずは薬学の基礎を固め、応用を学んでから実務実習に取り組むという、段階的に知識・技術を身につける学習システムを採用しています。しかも1年次より少人数グループでの指導を実践し、専門知識の確実な修得とともに、一人ひとりのレベルに応じた効率的な学習を可能としました。
また大阪市立大学大学院医学研究科と研究連携協定を結び、平成19年12月大阪市立大医学部内にサテライト研究室を設けました。疲労を中心にして各種研究・教育の連携を進めていく計画です。具体的には、1)抗疲労一般用医薬の研究・開発、2)疲労の評価系に関する研究・開発、3)薬の副作用などとしての疲労・倦怠感の研究・教育などです。

薬学部(薬学科)

教育目的
薬学部は、生命科学・医療科学的専門知識と技能および実践力を備え、高い倫理観を有する人間性豊かな薬剤師を養成し、国民の健康・福祉の向上に寄与する。
アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
  1. 薬剤師として患者さん中心の医療・健康・福祉に貢献したいと考えている学生。
  2. 薬物治療だけでなく予防や保健衛生の分野で社会に貢献したいと考えている学生。
  3. 生命薬学研究や医薬品の開発研究に興味があり、薬剤師の資格も得たい学生。
  4. 主体的に学び、常に問題意識を持ち、解決に向けて自ら考えて行動を起こす意欲をもっている学生。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

薬学部は、建学の精神「報恩感謝」を基に、「科学的な専門知識と技能および実践力、高い倫理性と豊かな人間性を併せ持つ薬剤師の育成」を教育目標に定めている。この目標を達成するために、学習成果基盤型教育に力点を置き、次のような方針で教育課程を編成する。なお、カリキュラムの全体像、ディプロマ・ポリシーと各授業の関連性、6年間での学習の流れは、カリキュラムツリーおよびカリキュラムマップで明示している。

カリキュラムツリー > カリキュラムマップ

  1. 建学の精神に則り、互いの「いのち」を尊び、感謝の心で接し合う社会の創造に資する医療人としての人格形成を支援するために、ヒューマニズム・医療倫理・医療安全に関する教育科目を入学直後から6年間を通して学ぶ。
  2. ヒューマニズム・医療倫理・医療安全、コミュニケーション能力、問題解決能力、基礎科学の技能に関する科目は、1年次の共通教育科目から専門教育科目へと連携して学修し、医療人としての態度・技能の基礎を築く。
  3. 共通教育科目では、自立と共生の態度を培い、医療人としての信頼関係を醸成する態度と心構えを身につけるために、語学、情報リテラシー(収集・理解・活用力)と幅広い思考力の育成および倫理観やコミュニケーション能力を修得する。
  4. 薬学専門教育科目の基礎から医療にわたる多様な一般目標と到達目標は、薬学教育改訂モデル・コアカリキュラム(コアカリ)に対応し、卒業時に薬剤師として求められる基本的な資質を段階的に身につけるために、薬の専門家として知識・技能・態度の深化を図る教育を展開する。
  5. コアカリに対応した薬学専門教育科目に加えて、本薬学部で独自に定めたアドバンスト科目、学生の多様な進路に対応するための栄養情報担当者養成講座やスキルアップセミナーなどを開催し、医療や科学の進展に対応できる教育を実施する。
  6. 卒業研究では、個別指導による実習・討論・発表を含む参加型学習を通して、観察力や創造力を育み、既に修得した知識・技能・態度の実践力や問題解決能力を磨く。研究者としての責任感、倫理観を学び、チームで活動するためのコミュニケーション能力を養う。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

所定の期間在籍し、学部のカリキュラムポリシーに沿って設定された授業科目を履修して必要な単位数を修得し、以下のような能力・資質を有するものに本学が設定する「学士(薬学)」を授与する。

  1. 医療の担い手として、地域や社会を担う社会人にふさわしい幅広い教養と生命の尊厳についての深い認識をもち、薬剤師の義務及び法令を遵守し、人の命と健康な生活を守る使命感、責任感及び倫理観を有する。
  2. 薬の専門家としての知識・技能・態度を有し、薬物療法における安全で有効な医薬品の使用を推進するための薬学的管理に関する実践能力および問題発見・解決能力を備え、常に患者さん・生活者の立場に立って行動ができる。
  3. 医療人としての責任を自覚し、患者さん・生活者、他職種の人々と主体的に連携するコミュニケーション能力を持ち、人々の健康増進および公衆衛生の向上に貢献する能力を有する。
  4. 医療や科学の変化や高度化に対応して高い知識と技能を修得するよう、生涯にわたって自己研鑽を続ける意欲と態度を有する。

薬学部(薬学科)(平成30年度入学生対象)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
本学は、建学の精神である「報恩感謝」に基づく教育理念として、「自立・創造・共生」を掲げています。この教育理念のもと、薬学部は、幅広い教養と医療に関する専門的な知識や技能、態度を身に付けることで、科学者の素養を持った、人間性が豊かで、患者中心の医療に貢献できる薬剤師の育成を目指しています。
そのために、薬学部は、指定校推薦入試、公募制推薦入試、一般入試、センター試験利用入試を行い、以下のような資質を持った勉学意欲の高い学生を受け入れます。
入学者に求める資質
  1. 高等学校の教育課程を幅広く修得し、特に理系科目、英語に関する基礎的・基本的な知識をもっている。
  2. 身近な課題に対して、知識に基づいて判断し、自分の意見をまとめ、筋道を立てて伝えることができる。
  3. 主体的に学び、知識を深め、技能を高める姿勢を身につけている。
  4. 医療、衛生、または生命科学に対する高い関心があり、薬剤師として社会に貢献するために、薬学を積極的に学びたいという意欲をもっている。
  5. 他者に対する共感の心をもち、また、他者と協働して積極的に薬学に関する課題に取り組むことができる。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  1. 編成の方針
    建学の精神「報恩感謝」ならびに教育理念「自立・創造・共生」に基づき、薬学部薬学科では、「科学的な専門知識と技能および実践力、高い倫理性と豊かな人間性を併せ持つ薬剤師の養成」を教育目標に定めている。このため、薬学部のカリキュラムは、薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠しつつ、かつ、ディプロマ・ポリシーに掲げた知識・技能・態度が卒業時までに修得できるよう、1年次から順次性のある学習成果基盤型のカリキュラム編成とする。
  2. カリキュラムの構成
    1. 豊かな人間性と幅広い教養を備えることをめざし、共通教育科目として、建学の精神と教育理念に則った人格形成を行う「必修科目」、多様な教養を身につけさせる「選択科目」を配置している。
    2. 専門教育科目として、「必修科目」と「選択科目」を設定し、講義、実習、演習を連携させている。基礎系・医療系・衛生系・臨床系薬学科目又はアドバンスト科目へと順次性のある科目配置を行うことで、各科目の修得のレベルを高め、基礎力から実践・応用力を養うように工夫している。一方で、臨床や地域医療で求められる栄養に関する専門知識の修得や資格取得にもつながる、本学独自の養成講座を設けているのが特色である。
  3. 教育内容・方法
    1)報恩感謝の心と幅広い教養
    1. 互いの「いのち」を尊び、その恩をたずね、すべてのものに感謝する心を持てる学生を育てるために、「宗教学」「死生学」「生命倫理」を開講し、「建学の精神」の意識化を促す。ひいては、社会の発展と知見の創造、そして文化の向上に資する学生の人格形成を支援する。
    2. 幅広い教養を身につけ、見識ある社会人としての基礎を築き、また、情報を活用したり、多面的・多角的に思考したりする能力を養成するために、人文系科目、社会系科目、外国語科目、薬学導入科目など多様な共通教育科目を設置している。一方、薬剤師としての使命感及び倫理観、並びに、他者から信頼される人間性を養うために、ヒューマニズムや医療倫理に関連した科目並びに実務実習などを、全学年に亘って配置している。
    2)専門的な知識・技能
    薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠し、専門教育科目を、「基礎系薬学科目」、「医療系・衛生系薬学科目」さらに「臨床系薬学科目」へと体系的に科目を配置する。4年次および6年次に「薬学演習科目」を配置し、それまでに修得した知識の統合を促す。さらに、医療や科学の進展に対応できる能力を身につけるために独自に定めた「アドバンスト科目」や「スキルアップセミナー」を開講する一方、学生の多様な進路やニーズに対応するためのキャリア教育科目を開講する。

    3)問題解決能力
    問題に基づく学習、グループ討論、実験実習、実務実習、卒業研究など、全学年に亘る参加型学習を通して、観察力や創造力を育みつつ、修得した知識や技能を総合的に活用し、医療の現場で発生する様々な問題に対処できる能力を養えるように体系的に科目を配置している。

    4)自律的・主体的・共感的態度
    1. 医療や科学に関する情報の収集・分析・活用に関する科目、卒業研究やスキルアップセミナーを通して、継続して自己の専門性を高めるための技能と態度を養えるように編成している。
    2. 患者に対応したりチーム内で効果的・効率的に活動するための技能と態度を養うために、コミュニケーション理論や演習の科目を体系的に配置している。
    3. 実務に関連した科目並びに卒業研究を通して、後進を指導・育成する態度、並びに、他者と主体的に連携する態度を醸成するように編成している。
    5)実践力
    地域の医療や衛生に貢献できる実践力を養うために、高学年次に実践的な専門科目やアドバンスト科目、又、実務に関連した科目並びに卒業研究を配置している。
  4. 評価の方法
    筆記試験、実技試験、発表、レポート、取り組み姿勢などを通して、各科目が目標とする知識・技能の修得度を評価する。実務実習や演習及び卒業研究では、日々の実習、学習活動、研究活動、取り組み姿勢などを通して、知識や技能を活用する能力を総合的に評価する。また、各年次における課題レポート、単位取得状況、パフォーマンスなどをもとに、ディプロマ・ポリシーに掲げた能力と態度をどの程度身につけたかを評価し、卒業時に目標とするレベルの能力・資質を身につけているかどうかを最終判定する。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 報恩感謝の心と幅広い教養
    1. 互いの「いのち」を尊び、感謝の心で接し合うことができる。
    2. 生命の尊厳について深い認識をもち、幅広い教養を基に豊かな人間性を身に付け、人々の健康な生活に貢献する使命感と高い倫理感を有する。
  2. 専門的な知識・技能
    医療及び公衆衛生の向上に貢献できるよう、薬学領域における専門的な知識・技能を修得している。
  3. 問題解決能力
    医療現場における課題を見出し、問題解決に向けて、修得した知識・技能を基に判断し、他者と協働して創造的にアプローチすることができる。
  4. 自律的・主体的・共感的態度
    1. 医療や科学の変化や高度化に対応して高い知識と技能を修得するよう、継続して自己の専門性を高め、後進を指導・育成する意欲と態度を身につけている。
    2. 他職種の人々と主体的に連携するコミュニケーション能力を有し、患者や生活者の立場に立って行動できる態度を身につけている。
  5. 実践力
    薬物療法や薬学的管理に関する知識・技能を活用し、他者のために行動する力を身につけている。

ページトップ