大阪大谷大学

now loading…

English

薬学部からのお知らせ

【薬理学講座】道永昌太郎助教が「日本薬学会 近畿支部会奨励賞」の受賞講演を行いました。10/14(土)

  • 2017.10.24
  • お知らせ

10月14日(土)に兵庫医療大学で行われた第67回日本薬学会近畿支部総会・大会にて、薬学部薬理学講座・道永昌太郎助教が支部会奨励賞受賞講演を行いました。

講演題目「脳挫傷後のマウス脳浮腫に対するエンドセリン ETB受容体拮抗薬 BQ788 の効果」

〔概要〕交通事故や激しいスポーツなどの際に頭を強打した場合、脳内では致命傷となる脳浮腫が引き起こされてしまいますが、現在、この脳浮腫を根本的に治療するための薬はありません。この講演では、脳浮腫に対する新たな治療薬候補として「エンドセリン ETB受容体拮抗薬」という薬に注目し、この薬の脳浮腫に対する治療効果およびこの薬が効くメカニズムについての研究成果を発表しました。この研究成果は、治療困難な脳浮腫に対する将来的な薬の開発に貢献できることが期待されます。

ページトップ