大阪大谷大学

now loading…

English

学部長メッセージ

薬学部長 冨田 晃司

心優しい薬のプロフェッショナル

薬学部は「薬のプロフェッショナル」を養成する学部です。プロになるためには、薬の効き方・作用部位・副作用に精通することはもちろんのこと、薬の化学、物理、法規など関連する知識が必要となります。薬は人の健康、命に関わることとなります。薬学としての幅広い知識を修得し、その上で他者と関わるためにはコミュニケーション能力を高めていく必要があります。患者・生活者、他の医療職からの情報を収集・分析し、これらの人々に有益な情報を提供しなくてはなりません。そのためには最新の正確な知識を持っておくことが必須となります。薬のプロフェッショナルとしてのコミュニケーション能力には、単なる雑談だけではなく必要な情報を得るための技術も必要です。
薬剤師は目の前の患者さんにとって必要な薬を適切にお渡しする最後の砦となります。共感できる能力を持って接し、信頼関係を構築しなければなりません。
私たちの薬学部では薬のプロフェッショナルとして自分で考えることができ、社会で活躍できる人材育成を目指した高度専門職教育に当たっています。

ページトップ