大阪大谷大学

now loading…

English

文学部:新着情報からのお知らせ

【日本語日本文学科】博物館講座「百花繚乱―江戸時代の絵巻・絵本―」を開催 10/18(土)

  • 2014.10.21
  • イベント
日本語日本文学科主催の大阪大谷大学博物館秋季特別展「描かれた女と男」にともない、博物館講座「百花繚乱―江戸時代の絵巻・絵本―」を10月18日(土)14時から開催しました。
 
講師をお願いした小林健二先生は、かつて20年以上にわたり本学文学部で教鞭をとられた方で、現在は国文学研究資料館教授として、国内はもとより、国際的にも広く活躍されております。今回の講座では、小林先生が長年研究を進めてこられた江戸時代前期の絵巻・絵本を中心にお話しくださいました。
 
 
 
一般に「お伽草子」として知られる絵本・絵巻の歴史や、博物館で展示中の作品の特徴、ダブリン(アイルランド)やニューヨークにおける調査研究の成果報告など、とても充実した内容の講座で、小林先生のわかりやすく親しみやすい解説に、当日おみえになられた方々も熱心に耳を傾けておられました。
 
  
 
秋季特別展「描かれた女と男」は、引き続き好評開催中です。会期は11月4日(火)まで。現在は後期の展示を行っています。みなさまのお越しをお待ちしております。
 
展示の詳細は、こちらをご確認ください>>>
 

 

ページトップ