日本語日本文学科

  • 日本語日本文学コース
  • 日本語教育コース
  • 国語教育コース
  • 書道教育コース
  • 企画・編集コース

日本語や日本文化に精通し、教育の現場や情報発信の場で力を発揮できる人材を育成

日本語日本文学科では、日本語そのものや文学作品を学ぶ「日本語日本文学」を基幹コースとして、すべての学生が「ことば」の力を鍛えられるように4年間にわたりきめ細かい指導を行っています。基幹コースに加え、さらに、「日本語教育」「国語教育」「書道教育」「企画・編集」「図書館情報」(「図書館情報」は2018年度入学生から)の5つのコースを用意。各自の関心にあわせて希望のコースをいくつでも履修することが可能です。また、卒業研究に向けて2つのゼミを選び、それぞれの領域で専門性を高めた後にテーマを1つに絞ることもできます。このように幅広い知識を身につけると同時に高い専門性を獲得できるシステムをとることで、教育やあらゆるビジネスの現場で活躍できる人材を育成します。

学科長メッセージ

専門性を高めて、「言葉(ことば)」の力を
信じる人になってほしい。

日本語日本文学科長 鈴木 利一

私たちは「言葉(ことば)」によって社会生活を営み、独自の文化を形成しています。今日、国際化が叫ばれていますが、日本人のアイデンティティーの礎である日本語や日本文化を学び、自分自身の姿をしっかりと見つめ直すことは、異なる文化との結び付きをより確かなものにする大きな力となるはずです。

日本語日本文学科では、ことばとその表現を学ぶことを基本としています。まずは、ことばや表現から生み出される文芸作品や古書籍そのものを対象とし、伝統的な研究方法で日本語と日本文学を学ぶことによって、繰り返し検証され精緻化されたものの見方を学びます。さらに、美術や芸能、現代メディアなど多彩な文化表現との関わりにも対象を広げて指導します。また、外国人への日本語教育、新しい情報機器を使った表現など、今後の日本社会を見据え、国際化社会・多文化社会の中での日本語について考える機会を提供します。

学生のみなさんにはこれらの学びの中で、考える力、書く力、伝える力を着実に身に付けながら、将来の自分をイメージし続けてほしいと思います。日本語日本文学科では、国語科教育・書道科教育・図書館司書・司書教諭・学芸員などの資格に関わる科目も開設し、多様なニーズに応えられるよう態勢を整えています 。

教育方針

日本語日本文学科(2018年度以降入学生対象)

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

日本語日本文学科(2017年度以前入学生対象)

教育目的
アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

特色

「ことば」の力を鍛えるカリキュラム
文章表現(1年次)→基礎ゼミナール(2年次)→ゼミナールⅠ(3年次)→ゼミナールⅡ(4年次)と、4年間を通じ、確かな「ことば」の力を紡いでいきます。多くの発表の機会によって、自分の考えを言語化し、他者とコミュニケーションする能力が身につきます。
複数のコースを組み合わせ、
より効果的な学びを実現
基幹コースである「日本語日本文学」に加え、「日本語教育」「国語教育」「書道教育」「企画・編集」「図書館情報」の5つのコースを設置し、多様な学びの筋道を提供しています。各自の関心にあわせて、自由自在にコースを組み合わせることができます。
各専門分野にわたる多様な教授陣を揃え、
効果的な教育体制を実現
多彩な学問領域を網羅した選択科目は、それぞれの分野を専門とする教員が担当。より深い専門知識を修得することが可能です。また、少人数制ゼミを採用し、一人ひとりの学生への柔軟な対応ときめ細やかな指導を実現しました。
大学院進学、資格取得、就職など、さまざまな進路をサポート
大学院へ進学し、引き続き学問を深める道や中学・高校の教員免許や図書館司書などの資格を目指す道、出版社や放送局、情報関連企業などに就職する道など、あらゆる進路に対応するカリキュラムを用意しています。

コース紹介

日本語日本文学コース
(*全員がこのコースに入ります)
本学科の基幹となるコースで、本学科の学生は全員このコースを取ることになります。日本語の成り立ちや仕組みを修得する日本語学のほか、日本文学から中国文学まで幅広く学んでいきます。
日本語教育コース
外国人に日本語を教える日本語教師を目指すコース。日本語の文法や外国語としての日本語の教授法などを学びます。また、3年次には日本語教育実習を行い、実践的な力を養います。
国語教育コース
中学・高校の国語の教員を目指すコース。必修科目以外に、児童文学や学習指導の方法、授業研究など多面的に教育を学び、4年次に行われる教育実習へ備え、教員になるための基盤を確立します。
書道教育コース
高校の書道教員を目指し、実技面だけではなく、文化的な側面も掘り下げて、書道人としての能力養成を行います。長い歴史の中で育まれた、表現力豊かな書道文化を味わってください。可能な限り、国語教育コースとの併修を勧めています。
企画・編集コース
「企画・編集コース」は、文章力を強化し、企画・取材・編集のノウハウを勉強することで、より実践的な日本語力を鍛えます。
一般企業の企画・広報部門、さらには出版業界や マスコミで活躍できる能力を養成するコースです。
図書館情報コース
司書資格の取得をめざすコースです。図書館に関わる実践的な学びを通して情報活用能力を身につけ、一般企業等におけるオフィスワークにも活かせる能力を養成します。