大阪大谷大学

now loading…

English

文学部:新着情報からのお知らせ

【日本語日本文学科】浅尾広良教授が「第18回 紫式部学術賞」を受賞!

  • 2017.03.18
  • お知らせ

文学部日本語日本文学科の浅尾広良教授が、昨年9月に上梓した 二冊目の著書『源氏物語の皇統と論理』(翰林書房)が「第18回 紫式部学術賞」を受賞しました。

「紫式部学術賞」とは、京都の一般社団法人紫式部顕彰会が授与している学術賞で、 紫式部と王朝文化に関する優れた研究業績を顕彰する賞です。

授賞式と講演会は、平成29年5月13日午後2時から京都市中京区の<京都 商工会議所>で行われる予定です。

「紫式部顕彰会」ホームページやニュースサイトでも紹介されていますので、ぜひご覧ください。

紫式部顕彰会HP >>>http://murasaki-shikibu.la.coocan.jp/

京都新聞>>> http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170310000149

毎日新聞>>>http://mainichi.jp/articles/20170315/ddl/k26/040/444000c

なお、『源氏物語の皇統と論理』の内容は以下の通りです。

【目次】

凡例

序章―皇統の歴史と物語の論理― 

第Ⅰ篇 桐壺帝御代の特質

1 女御・更衣と賜姓源氏―桐壺巻の歴史意識― 

2 后腹内親王藤壺の入内―皇統の血の尊貴性と「妃の宮」― 

3 桐壺皇統の始まり―后腹内親王の入内と降嫁―

4 光源氏の元服―「十二歳」元服を基点とした物語の視界― 

第Ⅱ篇 桐壺帝御代から朱雀帝御代へ

1 藤壺立后から冷泉立太子への理路

2 宮廷詩宴としての花宴―花宴巻「桜の宴」攷―

3 踏歌後宴の弓の結―花宴巻「藤の宴」攷― 

第Ⅲ篇 朱雀帝御代の特質

1 朱雀帝御代の始まり―葵巻前の空白の時間と五壇の御修法―

2 朱雀帝御代の斎宮・斎院 

3 桐壺院追善の法華八講 

4 朱雀帝御代の天変―仁王会・雷・物の怪から― 

第Ⅳ篇 冷泉帝御代の特質

1 少女巻の朱雀院行幸 

2 国冬本少女巻朱雀院行幸の独自異文 

3 結集と予祝の男踏歌―聖武朝から『源氏物語』への視界― 

第Ⅴ篇 源氏物語と史書

1 紫式部と『日本紀』―呼び起こされる歴史意識―

あとがき

初出一覧

索引

以上

ページトップ