大阪大谷大学

English

概要・教育方針

世界を知れば、世界の人々とつながる

セメスターごとに組み合わせ自在のカリキュラム・デザインで、
英語運用能力をのばし、多面的に英語を研究する。

英米語学科では、セメスター制のカリキュラム編成を採用しています。必修の基礎科目とあわせて、セメスターごとに、「英語教育・語学関連」「異文化関連」「翻訳・文学関連」の3つの関連科目群から、自由に専門科目を選ぶことが可能。さらに、TOEICとTOEFL、2つの検定試験対策もカリキュラムに組み込んでいます。これらのシステムによって、学生一人ひとりが、その興味、意欲、希望する進路に応じた個性的なカリキュラムで学ぶことを可能にしました。必修科目で高度な英語コミュニケーション能力を修得すると同時に、それを最大限に活かすための知識・実践力を養成し、実社会において力を発揮できる人材の育成を目指します。

英米語学科の教育目的
英米語学科は、英米の言語・文化・社会の理解を深め、グローバルな視野に立って物事を判断し、社会に貢献できる人材を育成する。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

英米語学科では、教育目的を実現するために、基礎科目および英語教育・語学、異文化、翻訳・文学、検定の4領域からなる関連科目を設置し、以下の8つを原則として教育課程を編成する。

  1. 建学の精神に基づく人格教育
    互いの「いのち」を尊び、感謝の心で接し合う社会の創造に資する学生の人格形成を支援するために、「宗教学」を初年次の必修とし、入学直後から建学の精神について学ぶ。
  2. 多角的な視点を身につける教養教育
    社会人に求められる幅広い教養を身につけるために、語学を必修として設定するとともに、「人文科学」「社会科学」「自然科学」の3領域から履修科目を選択し、多様な学びを保障し、多角的な視点を身につけられるようにする。
  3. 自己実現を支援するキャリア教育
    大学での学び方や自己の特性を知り、必要な知識やスキルを身につけるために、自身にあった職業選択につながるキャリア教育を実施する。
  4. 学生のニーズにていねいに対応する少人数指導
    ゼミナール等を中心として、少人数編成の科目を初年次から最終学年まで縦断的に設置することをつうじて、教員や学生同士で「ともに学ぶ」ことを重視した教育を実施する。
  5. 基盤的カリキュラム
    高度な英語運用能力の修得を到達目標とする基礎科目を設置する。基礎科目は主としてReading, Listening, Writing, Speakingの4技能に関する科目、海外語学研修、留学対策授業をもって構成される。
  6. 体系的カリキュラム
    高度な英語運用能力を修得するとともに、グローバルな視野に立って異文化を理解し問題解決に取り組む人材を育成するため、基礎科目および4領域の関連科目によって構成されるカリキュラムを設置する。
  7. 学際的カリキュラム
    関連科目は、英語教育・語学、異文化、翻訳・文学、検定の4領域で構成される。英語教育・語学領域は、幅広い英語教育理論を学ぶのみならず、英語圏の背後にある文化・社会に対する深い洞察力を備えた英語教育者の育成を目標とする。異文化領域は、広く英語圏全般を対象とし、社会、歴史、政治、経済などの多様な方向からのアプローチに基づく異文化理解を深めるとともに、日本の文化、歴史、価値観をグローバルな場で発信する姿勢と技能の涵養と修得を目標とする。翻訳・文学領域では英米の作品を中心とした文学研究を行いながら、異文化交流の接点となる翻訳に関する知識と技能を修得する。検定関連科目においては、各自の英語運用能力を客観的に数値で把握できるようTOEIC受検を義務付けるとともに、その受検準備を目的とした科目を開講する。また、英語圏の大学への留学準備としてTOEFL対策科目も開講する。
  8. 実践的カリキュラム
    学生各自の興味と関心に応じて英語教育・語学、異文化研究、翻訳・文学研究の3領域の中からテーマを選択させ、独自の視点で設定した課題を主体的に解決、卒業研究作品を完成できるようにする。
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
  1. 文化や自然に関する幅広い教養と豊かな人間性を身につけている。
  2. 英語教育・語学、異文化、翻訳・文学の各領域にわたる横断的な学術的知見に基づき、国際的課題を理解できる。
  3. 異文化交流の現場で必要とされるコミュニケーション能力の基盤となる高度な英語運用能力を習得している。
  4. 複眼的な視野で社会の多様性を理解し、国際社会の動向と諸問題を発見、解決する方法を探求するとともに、自国の文化や社会について積極的に発信しようとする態度を身につけている。

文学部の教育方針はこちら

ページトップ