人間社会学科 社会福祉コース

充実した体験学習が将来を決める力になる

社会福祉士資格の取得をめざし、日常生活で不安や困りごとを抱えている人を援助する価値、知識、技術を学びます。2回生から社会福祉の現場を体験できる実習科目があり、社会福祉コース教員の指導を受けながら学ぶことができます。豊富な現場体験を通じて、社会福祉援助実践力を身につけます。

教育内容・特色

国家資格の「社会福祉士」資格取得のサポート
育児不安や介護負担、就労困難など現代の社会では多くの人が生活上のさまざまな困りごとを抱えています。これらの問題を解決し、安心して暮らすために福祉専門職は必要不可欠な存在となっています。社会に必要とされ、やりがいのある社会福祉の仕事に就くための資格取得を丁寧にサポートします。
現場の学びを重視したカリキュラム
社会福祉に関する専門知識と技術、価値観を学び、社会福祉援助実践力を身につけるには、福祉の現場を体験することが一番の近道です。そのために、コースを選択した2回生から福祉現場での実習をはじめ、4回生までにさまざまな現場を経験するカリキュラムを設けています。福祉施設だけではなく、行政機関、病院、学校などでも活躍できる実践力を手に入ります。
ダブルライセンスにチャレンジ
社会福祉士と公認心理師という二つの国家資格を取得することができます。複数の領域の専門性を持つことで、さまざまな現場で力を発揮することができます。社会福祉士で児童福祉司に、公認心理師で心理判定員にもなれる。ダブルライセンスで進路選択が広がります。