大阪大谷大学

English

人間社会学部からのお知らせ

富田林市と本学の連携企画「河内木綿と寺内町展」について人間社会学部の学生たちが「富田林テレビ」でPR! 7/25(水)

  • 2018.08.07
  • お知らせ

地元富田林市の観光交流施設<とんだばやしきらめきファクトリー>でオリジナル企画に取り組んでいる、人間社会学部3回生の熊谷 知洋さん、2回生 畠山 詩織さん、 野崎 杏里さん、毛利 拓生さんが、同施設2階で8月25日(土)から9月2日(日)に開催されるイベント「河内木綿と寺内町展」のPRのため、赤崎館長とともに大阪府富田林市の公式番組「富田林テレビ7月号」に出演しました。

この取組みは、人間社会学部の科目「社会研究実習Ⅰ、Ⅱ」の中の一つであり(担当 尾川人間社会学部教授)、この取組みを希望した4人の学生が赤崎館長のご指導の下、ゼロから企画を練り上げました。毎週大学での検討会議に加え、寺内町をなんども散策してツアーコースを設定したり、中道人間社会学部教授の指導の下、機織り体験、木綿糸つくり体験、木綿くるみボタンづくりなどのワークショップの準備をしたりしてきました。

この「河内木綿と寺内町展」の企画、その具体化に向けた作業を通して、大学での授業では学べないことを目の当たりにしたり、体験したりして、学生たちはひとまわりも、ふたまわりも成長しています。

ぜひ皆さまお誘い合わせのうえ、ご参加ください!

「富田林テレビ7月号」はこちらよりご覧ください。(33:14~ 学生出演)>>>

「河内木綿と寺内町展」案内はこちら>>>

観光交流施設<とんだばやしきらめきファクトリー>公式サイトはこちら>>>

ページトップ