大阪大谷大学

English

人間社会学部からのお知らせ

【人間社会学科】<「地域社会体験インターンシップ」学生成果報告会と受入先とのふりかえり会>を開催 12/16(土)

  • 2017.12.22
  • イベント

人間社会学科では、これまでの2回生・3回生対象の体験学習プログラム「社会研究実習Ⅰ」「社会研究実習Ⅱ」に加え、今年度から、1回生対象の「地域社会体験インターンシップ」を開講しています。この科目は、卒業後、公務員や教員として、地域の活性化やそれを担う将来世代の育成に携わりたい学生を対象に、「地域」「コミュニティ」とは何かを体験的に知り、考える機会を提供するものです。

夏休みを中心に行われた実際の実習(80時間)では、学生たちを受け入れてくださっている大阪狭山市・河内長野市・富田林市3市の市民公益活動支援センターそれぞれのセンター内での実習、センターから紹介されたNPOに赴き、取材活動を行ったり、そのNPOが開催されるイベント等のお手伝いをしたりすることをつうじて、「地域」「コミュニティ」、そこで活動される方々の思い・考えについての理解を深めました。

後期には、各指導教員による指導のもと、ふりかえりを行い、報告書にまとめるとともに、12月、今回の学生成果報告会では、夏の実習をあらためてふりかえり、パワーポイントで発表資料を作成して、発表にあたりました。

なお、この科目では、6月に、受入に当たってくださっている3センターの方々と本学科担当教員が一緒にルーブリックを作成し、目的を共有できるように努めました。そして、今回は、学生による成果発表後、同じメンバーが、ルーブリックを含め、今年度に実施されたインターンシップ全体をふりかえり、改善の方向を議論しました。

受け入れてくださった3センターの関係者の皆さまにこころから感謝申し上げます。

ページトップ