大阪大谷大学

now loading…

English

人間社会学部からのお知らせ

スポーツ健康学科の学生が地域スポーツの発展に一役 ―新しい観戦モデルに挑戦!関西圏で初めて参入した<滋賀ユナイテッドBC>をユナスタグラムでつなぐ― ファンとユナ丸との応援イベント!

  • 2017.09.01
  • お知らせ

人間社会学科スポーツ健康学科の山内章裕准教授が指導するゼミ学生たちが、ルートインBCリーグ公式戦(※1)に2017年度関西圏から初めて参入した、滋賀県を本拠地とする球団「滋賀ユナイテッドBC」(※2)戦において、スタジアムオペレーションボランティアスタッフとしてファンがキャラクターユナ丸(※3)応援イベント(ユナ娘、ユナ文字、ユナ応援)を写真等でつなぐ企画を実施(※4)。同時に来場者調査も行い、学生ならではの提案を含めた形で、来場者数アップに向けた戦略立案や新たなスポーツ推進策を提案します(※5)。

地域スポーツ振興を目的とする学生たちの意欲溢れる取組に、ぜひご注目ください!

※1 野球独立リーグとして2007年4月に開幕し、義務教育課程を修了したNPBへの躍進を夢見る選手たちが活躍する場所です。初年度は、「新潟」「長野」「富山」「石川」4県でスタートし、2017年度より「滋賀」「栃木」が加わり10球団となりました。

※2 NPBで活躍できる選手を輩出することはもちろん、特に他府県で活躍している選手たちの戻ってくる場所になることを目的に2017年度より参入。チームメンバーの半数以上は地元滋賀出身またはゆかりのある選手であり、地元に愛されるチームになるために全力を注ぎ続けています。

※3 滋賀ユナイテッドBC公式マスコットキャラクター

※4 学生企画「ユナ丸応援イベント」:「ユナ娘」は熱心に応援しているファンから選び発表しイベントに参加。「ユナ文字」は甲子園でのPL学園風の人文字応援を観戦ファンで実施。「ユナ応援」はレンタルのユニホーム着て熱くおしゃれに応援。イベントすべてが応援シーンの写真等をインスタやTwitterなどのSNSに投稿しつなぐもので新しい観戦モデルになると考えています。

※5 過去に同大学(山内研究室)が行った来場者調査(富田林ドリームフェスティバル 2012・2013ウエスタン・リーグ公式戦)については、アンケートの分析結果を提言(「テーマ:旧バファローズ地元愛好家を呼び戻せ~河内のホームグランドづくりプラン~」など)としてまとめ、球団関係者や地元自治体、来場者さらには報道各社(朝日・読売・毎日・日経などに記事掲載)からも高い評価を受けました。

ルートインBCリーグ2017年度後期リーグ公式戦

滋賀ユナイテッドBCvs富山GRNサンダーバース

開催日  : 平成29年9月9日(土)

       試合開始13時

開催場所 : 湖東スタジアム(滋賀県東近江市池庄町610番)

学生企画担当:大阪大谷大学 スポーツ健康学科 山内研究室

連絡先:yamauak@osaka-ohtani.ac.jp

プレスリリース本文はこちら>>>

山内章裕准教授プロフィールはこちら>>>

ページトップ