大阪大谷大学

English

教育学部からのお知らせ

「第4回 大阪大谷大学特別支援教育実践研究センター セミナー」を開催 10/19(金)

  • 2018.11.27
  • お知らせ

平成30年10月19日に「第4回 大阪大谷大学特別支援教育実践研究センター セミナー」を開催いたしました。

講師は京都府立医科大学大学院の全有耳先生にお越しいただき、「教育と医療、保健、福祉機関の連携ノウハウ」というテーマでの講義をしていただき、後半は本学の落合利佳教育学部教授も登壇し、教員が知っておくべき医学的知識についてのQ&A形式のシンポジウムを実施しました。今回も多くの現職教員の方々や学生たちが参加しました。

特別な支援ニーズを有する子どもやその家族の支援においては、コミュニティのなかでの教育、医療、保健、福祉といった多様な領域の多職種による連携と協働が重要となります。特に、専門領域や職種によって異なる文化やルールがあることを理解し、互いの専門性を尊重しながら連携をスムーズに行うことができるための共通のルール作りやそれを実現するシステムの構築が今後の社会のなかで求められることを学ぶことができました。

また、後半では、落合教授も加わり、フロアからの学生や現職教員の皆さまから様々な疑問や感想をあげていただきました。全先生も落合教授もそれら一つひとつに対して医師の立ち場から丁寧に解説、たいへん充実した議論となりました。

特別支援教育実践研究センターでは、今後も特別支援教育の充実に向けて公開セミナーを開催していきますので、ぜひご参加くださいますようお願い申し上げます。

ページトップ