大阪大谷大学

English

学部長メッセージ

教育学部長 大槻 美智子

「こども」の夢と未来のために

大阪大谷大学教育学部は、本学の建学の精神である「報恩感謝」の心に基づき、「共生」の理念を実践できる教育者の育成をめざしています。
「共生」とは、さまざまな能力、個性、経済的背景、人種、文化などを持つ人々が、それぞれの違いをプラスに変えて互いに助け合いながら共に豊かに生きるということです。これは、特別支援教育の「子どもの個性を尊重し、障害の有無に拘らず、将来自立して社会で生き生きと暮らせるように支援する」という理念と重なるものです。本学の特別支援教育は、大阪府の特別支援教育をリードする存在です。この強みを活かし、本学部にある3つの専攻では、特別支援教育論や特別支援に関わる科目を、どの専攻からもとれるようにカリキュラムを組んでいます。

教育学部の3つの専攻とは、幼児教育専攻、学校教育専攻、特別支援教育専攻です。各専攻は、「共生」の理念をベースにおきながら、学生が「得意分野」を持つように教育を展開しています。幼児教育専攻では、「遊び文化コース」「自然教育コース」「子育て支援コース」に分かれ、現場との連携を深めながら得意分野を持った保育者を育てています。これは他に例のないユニークなものです。学校教育専攻は、「初等教育実践コース」「中等教育実践コース」「学校臨床実践コース」に分かれ、校種や教科、学校現場での課題に応じた実践力をつけるように工夫されています。特別支援教育専攻では、特別支援学校の教員をめざす「特別支援学校コース」のほか、「小学校特別支援コース」「幼稚園特別支援コース」があり、各学校園での特別支援教育をリードしていく人材を育てています。

教育は、単に技術や知識を教えることではありません、それらを活用し何かを創造すること、また社会には理不尽なことや困難な課題が多くあるのですからそれらに立ち向かう知恵を持つこと、そして共に安心して生きられる世界をつくること、そのためにこそ、教育は役立たなければなりません。未来のよりよい社会をつくるのが〈教育〉だとすれば、私たちの責任は重く、その心構えを持って教員をめざしてほしいと思います。

ページトップ