大阪大谷キャンパスブログ OSAKA OHTANI CAMPUS BLOG

【歴史文化学科】学生が<フレッシュマンキャンプ>に行ってきました。4/5(木)・6(金)

2018/04/17

45日(木)・46日(金)に歴史文化学科の学生が「フレッシュマンキャンプ」に行ってきました。

このキャンプは、これから4年間をともに過ごす新入生同士が親睦を深めること、大学における学びがどのようなものであるのかを知ることなどを目的として開催されるものです。歴史文化学科の新入生全員と教職員、サポート役の3回生が参加します。

今年は、1日目に長浜ロイヤルホテルにて学科オリエンテーション(教職員と新入生・3回生の自己紹介、見学の事前オリエンテーション)、グループミーティング(履修登録の準備)、ゲーム大会、2日目に彦根城の見学を行いました。

実際のキャンプの様子を写真とともにご紹介しましょう。

1日目は、945分に天王寺公園南側のバス駐車場に集合。バス2台に分乗し、滋賀県・長浜ロイヤルホテルに向けて出発しました。途中、多賀サービスエリアにて昼食を取りました。

多賀サービスエリアは「敏満寺遺跡」という中世の遺跡の上に立地しています。建築は遺されていませんが、土塁などから往時の姿をうかがうことができます。歴史学領域の馬部先生の案内により、希望者のみ見学を行いました。

敏満寺遺跡にて

13時ごろ、長浜ロイヤルホテルに到着しました。早速、ロイヤルホールにて学科オリエンテーションを行います。学科長挨拶、事務連絡の後、教職員が大学での学びに関するアドバイスを交えながら自己紹介をしました。引き続き、翌日の見学に向けて、考古学領域の犬木先生、歴史学領域の馬部先生、美術史学領域の苫名先生より事前レクチャーがありました。新入生の皆さんにとっては、大学においてはじめて受ける授業でした。その後、新入生とサポート役の3回生全員が自己紹介をして、学科オリエンテーションを終えました。

学科オリエンテーションにおける事前レクチャーの様子

続いて、ゼミごとに分かれてグループミーティングを行いました。ここでは、履修登録の確認作業を行います。履修する科目を自分で決めるのが、高校と大学で大きく異なるところで、新入生には戸惑いもあったことと思います。幸い、3回生が積極的かつ親身にサポートしてくれたことにより、各人が納得できる時間割を組むことができました。

ビュッフェ形式の美味しい夕食を楽しんだ後で、歴史文化学科杯をかけたゼミ対抗ゲーム大会がありました。3回生が企画・進行の役割をつとめてくれました。優勝は馬部ゼミでした。おめでとうございます。

夕食の様子

2日目は、ホテルをチェックアウトして、バスで彦根城に向かいます。到着後、バスから降りて佐和口より城内に入り、適宜馬部先生による解説を受けながら天守閣をめざして進んでいきます。天守閣に到着し、全員が急な階段を上り切って見学を行った後は自由行動となり、それぞれ玄宮園や彦根城博物館などを訪れました。

馬部先生による解説を受けながら彦根城内を見学

天守閣に到着

帰り行くひこにゃん

彦根城博物館では、テーマ展「柳桜をこきまぜて-柳と桜のデザイン-」が開催されていました。その名の通り、柳や桜を題材とした作品が一堂に会した春らしい展示です。狩野永岳の絢爛な《桜図》の前で足を止めて見入っている学生が多くいました。

名残惜しいものの、12時には彦根城を後にして、バスに乗って帰路に就きました。途中、バイキング形式のレストランで昼食を取り、予定通り16時に天王寺に到着し、解散となりました。

新入生にとっては、充実した大学生活を始めるために有意義な2日間になったと思います。ご協力くださった皆さま、どうもありがとうございました。

Copyright © Osaka Ohtani University. All Rights Reserved.